MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
The Earl Tokyo|これでもか!の具が抜群の一体感で包まれるトルティーヤ(サンドイッチ/赤坂)

The Earl Tokyo|これでもか!の具が抜群の一体感で包まれるトルティーヤ(サンドイッチ/赤坂)

サンドイッチ専門店の「The Earl Tokyo (ジアールトーキョー)」。 ロメインレタスのシャキシャキ感に、テリヤキチキンのロースト感。パルメザンチーズ、シーザードレッシング、食感の楽しいクルトンまで、ボリューミーにしっとりトルティーヤに包まれる。メチャ旨な一体感だ![交]地下鉄千代田線赤坂駅5b出口から徒歩5分

The Earl Tokyo (ジアールトーキョー)(最寄駅:赤坂駅)

Mamma(ママ)
1150円

ロメインレタスのシャキシャキ感に、テリヤキチキンのロースト感。パルメザンチーズ、シーザードレッシング、食感の楽しいクルトンまで、ボリューミーにしっとりトルティーヤに包まれる。メチャ旨な一体感だ!

The Earl Tokyo (ジアールトーキョー)

[住所]東京都港区赤坂2-21-1 川本ビル1F [TEL]03-3505-0312 [営]7時〜LO17時、土日9時〜LO14時 [休]日・祝 イートイン・デリバリーあり [交]地下鉄千代田線赤坂駅5b出口から徒歩5分

電話番号 03-3505-0312
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt