MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[ビストロ カシュカシュ] 銀座でアグー豚を使ったカツサンド(ビストロ/銀座)

[ビストロ カシュカシュ] 銀座でアグー豚を使ったカツサンド(ビストロ/銀座)

おとなの週末「がっつりサンド」特集掲載店、銀座の「ビストロ カシュカシュ」。沖縄産の稀少種アグー豚を使ったカツサンド。手土産にも喜ばれる。[交]新橋駅から徒歩3分 

ビストロ カシュカシュ(最寄駅:新橋駅)

カツサンド、サクッのあとに広がる肉の甘み、堪りません!

沖縄産の稀少種アグー豚を使ったカツサンド。アグー豚はきめ細かく、柔らかい肉質で、旨みが多い実力派。サクッと噛み切れるのに、脂が甘〜く、旨みが濃い! 特性ソースがアクセントとなり余韻まで楽しめる。手土産にも喜ばれる。

アグーカツサンド
2000円

アグーカツサンド
※掲載サンドイッチは完全予約制

ビストロ カシュカシュ

東京都中央区銀座8-6-19 渡辺ビル1F ☎03-3573-0488 [営]電話受付14時〜23時 イートインなし/掲載サンドイッチは完全予約制(当日1時間くらい前までに電話にて予約、入荷のない場合もあり) [交]地下鉄銀座線・JR山手線ほか新橋駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-3573-0488
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
神田にあった人気立ち飲みビストロ店が2018年7月に新装オープン。テーブルでゆっくり楽しめる店に。
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt