MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新世界 グリル梵(カツサンド/東銀座)|牛赤身ならではの旨みが2派3派と襲撃のカツサンド!

新世界 グリル梵(カツサンド/東銀座)|牛赤身ならではの旨みが2派3派と襲撃のカツサンド!

おとなの週末「男のがっつりサンド」特集掲載店、銀座の「新世界 グリル梵 」のカツサンドは牛の赤身の部分、フィレ肉(=ヘレ肉)だけを使用したカツ、脂肪も少なく旨みがぎゅっと凝縮。赤くきれいな断面のミディアムレアで、噛むほどに2派3派と肉感が襲来。秘伝のソース、きつね色に焼けたパンもまた美味![交]東銀座駅4番から徒歩3分

新世界 グリル梵 銀座店(最寄駅:東銀座駅)

牛の赤身の部分、フィレ肉(=ヘレ肉)だけを使用したカツは、脂肪も少なく旨みがぎゅっと凝縮。赤くきれいな断面のミディアムレアで、噛むほどに2派3派と肉感が襲来。秘伝のソース、きつね色に焼けたパンもまた美味!

極上ビーフヘレカツサンド
2100円

新世界 グリル梵 銀座店

[住所]東京都中央区銀座7-14-1 [TEL]03-5565-3386 [営業時間]11時〜21時、土〜18時(売り切れの場合早めに閉店) [休日]日祝 イートイン・デリバリーあり/予約可 [交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅4番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5565-3386
2015年13月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
「なだ万」などで修業した主人の船生宜之さんが、以前、コース料理の〆として出していたもの。カツオと昆布のダシ巻き卵をはさみ、マヨネーズと合わせてホットサンド風に。
店頭に並ぶのは、全てたまごサンド!和風・洋風・変わりダネなど、そのバリエーションに驚く。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt