MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
活魚料理 ととや(和食/新橋)|渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」

活魚料理 ととや(和食/新橋)|渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」

「活魚料理 ととや」は前身だった鮮魚店から始まり、ここ新橋で創業から40年以上にもなる。そんな老舗の魚料理専門店がうち出す、渾身の昼定食が「鯛頭煮定食」![交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩1分 ※ランチタイム有

活魚料理 ととや(最寄駅:新橋駅)

朝締め鯛を使った贅沢なカブト煮を充実の小鉢と共に食す!渾身の昼定食!

渾身の昼定食がコチラ!使用するのは、店主が毎朝築地市場に足を運び、長年の経験で培われた抜群の目利きで仕入れる特大サイズの鯛。活きたまま買い付け、その場で活け締めするため新鮮そのものだ。丁寧に下処理した後、醤油と砂糖をきかせ、こっくりとした味わいに煮付ける。ふっくらとした身を頬張れば、サラリとした上質な脂が口いっぱいにあふれ、ご飯を運ぶ手が止まらなくなるほどだ。 さらには、切り干し大根や佃煮などの日替わりの小鉢2種に加え、茶碗蒸しやお新香など、脇役も盛りだくさん。昼だけでも百数十人が訪れるという人気も大いにうなずける。

鯛頭煮定食
1080円

活魚料理 ととや

東京都港区新橋2-19-6 新和ビル4階 ☎03-3571-0118 [営]11時〜14時LO、17時〜22時(21時LO) [休]土・日・祝 [交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3571-0118
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt