MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
神奈川・弘明寺駅の唸るラーメン、「ロ麺ズ」の「らーめん正油」

神奈川・弘明寺駅の唸るラーメン、「ロ麺ズ」の「らーめん正油」

グルメライターが食べ歩いて見つけた、神奈川・弘明寺駅のいま食べておきたい唸るラーメンは「ロ麺ズ(ロメンズ)」。神奈川を代表する人気ラーメン店のサードブランドが登場!ロ麺ズは横浜・上大岡の人気店『G麺7』が手掛けるサードブランド。メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩バターラーメン、汁なし坦々麺と各味を展開。

ロ麺ズ|ロメンズ(最寄駅:弘明寺駅)

高級醤油や味噌の香り、旨みが生きた至極の一杯

カウンターメインの系列2店舗とは異なり、駐車場付き全29席の大型店舗となっている。家族連れやグループ客の来店を意識し、メニューは、醤油、味噌、塩バター、汁なし坦々麺と各味を展開。味の印象を決める調味料類に、杉樽で3年間も熟成させた広島・寺岡家の国産有機丸大豆醤油や和三盆糖蜜、カルピスバターといった高級食材を惜しげもなく使っているのも特徴だ。定番の「正油」は、華やかな醤油の香りとほのかな甘み、ゲンコツと鶏ガラのダシがバランスよく整った一杯。とろとろのバラ先軟骨やチコリの上に盛られたズッキーニのコンフィなど、トッピングも手が込んでいる。麺はツルツルとのど越しのよい自家製中太麺。

らーめん正油
730円

鴨皮、背脂、ピーナッツオイル、オリーブオイルで作った自家製油が、スープに深みとコクを加えている

らーめん 味噌
831円

江戸甘味噌を軸に5種類の味噌をブレンドした「らーめん 味噌」。トマトの酸味を効かせたチャーシュー代わりの豚ハラミ肉がいい箸休めに

ロ麺ズ

写真:ロ麺ズ(ロメンズ)の店内

[住所]神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツサニーロード ☎045-315-2009 [営]11時~21時 [休]水 [交]京浜急行弘明寺駅より徒歩15分 ※ランチタイム有

電話番号 045-315-2009
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-05-13 13:09:04
鶏ガラとトンコツを重ねたスープは濃厚さがありつつもスッキリ。かえしは白醤油と黒醤油の2種類があり、白醤油はスープの味わいを繊細に際立たせ、黒醤油はコクと深みを増している。
更新: 2019-05-13 11:51:13
こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!
更新: 2019-05-14 15:44:36
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-05-15 15:29:46
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 12:00:00
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-16 12:00:00
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
更新: 2019-06-14 16:33:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt