MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
宮わき|京風の味付けで旬の味を引き出す荒木町の小さな名店(割烹料理/四谷三丁目)

宮わき|京風の味付けで旬の味を引き出す荒木町の小さな名店(割烹料理/四谷三丁目)

小体な店がひしめく荒木町の裏路地に、凛とした風情の割烹『宮わき』はある。同じ荒木町の京料理店で腕を磨いた店主の宮脇健太さん。

宮わき(最寄駅:四谷三丁目駅)

京風の味付けを土台にしながら、旬の美味しさを印象づける端正な料理を提供する。とはいえコースをがっちりではなく、「食べたいものをお好きにどうぞ」という気楽さがありがたい。たとえばその日のお造りや焼物で1杯飲って、名物のすっぽん丸鍋で〆る、なんてのもあり。ひと皿の盛りが大きく、食べ応えがあるのも魅力で、「これくらいないと私自身が満足できなくて」と宮脇さんは笑う。確かな味わいでお腹も心も満たしてくれるから、通わずにはいられない1軒なのだ。

甘鯛の若狭焼き
単品1800円

うろこを残してパリパリに焼いた“若狭焼き”の甘鯛も、大きな切り身。香ばしい皮の下には、しっとり柔らかな身が

お造り盛り合わせ
単品1品前1500円

分厚い切り身の北海道産メジマグロと愛媛産いさき、たっぷり盛られた北海道産ムラサキウニの3種。これで1人前

鱧と松茸のお椀
単品2000円

椀の直径にすっぽりはまるほど大きな鱧(葛仕立て)と、松茸の大ぶりな切り身が入った椀物。澄んだ出汁は香り豊か

王禄 意宇、澤屋まつもと、根知 男山など、米の旨みが際立ちつつも、すっきりとした味わいの日本酒を中心に揃える

すっぽんの丸鍋
単品2200円

ねぎをたっぷりかけた名物のすっぽん丸鍋。すっぽんならではの上品な旨み、とろりとしたゼラチン質が何よりの魅力

宮わき

[住所]東京都新宿区荒木町9 正起ビル1F [TEL]03-5379-6545 [営業時間]17時(予約に応じて)~22時半LO(土・日・祝~21時半LO) [休日]水 [席]カウンター7席、テーブル8席 計15席/禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-5379-6545
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
ランチと言えど仕込みも器もしつらえも妥協なし。それは美しい料理の数々をひと目見れば分かるだろう。
更新: 2019-02-23 12:00:00
至高の食材を使った会席コースが3000円台、しかも銀座でいただけるなんて胸の高まりが抑えられない。蓋を開ければ旬の味覚が詰まった玉手箱仕立ての八寸や、春頃なら水槽から取り出して調理する稚鮎の天ぷらなど、思わず感嘆の声が漏れる美味しい驚きが次々と。
更新: 2019-02-22 12:00:00
煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。
更新: 2019-02-03 12:00:00
最新の投稿
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-03-26 16:05:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt