宮わき|京風の味付けで旬の味を引き出す荒木町の小さな名店(割烹料理/四谷三丁目)

宮わき|京風の味付けで旬の味を引き出す荒木町の小さな名店(割烹料理/四谷三丁目)

小体な店がひしめく荒木町の裏路地に、凛とした風情の割烹『宮わき』はある。同じ荒木町の京料理店で腕を磨いた店主の宮脇健太さん。


宮わき(最寄駅:四谷三丁目駅)

京風の味付けを土台にしながら、旬の美味しさを印象づける端正な料理を提供する。とはいえコースをがっちりではなく、「食べたいものをお好きにどうぞ」という気楽さがありがたい。たとえばその日のお造りや焼物で1杯飲って、名物のすっぽん丸鍋で〆る、なんてのもあり。ひと皿の盛りが大きく、食べ応えがあるのも魅力で、「これくらいないと私自身が満足できなくて」と宮脇さんは笑う。確かな味わいでお腹も心も満たしてくれるから、通わずにはいられない1軒なのだ。

甘鯛の若狭焼き 単品1800円

うろこを残してパリパリに焼いた“若狭焼き”の甘鯛も、大きな切り身。香ばしい皮の下には、しっとり柔らかな身が

お造り盛り合わせ 単品1品前1500円

分厚い切り身の北海道産メジマグロと愛媛産いさき、たっぷり盛られた北海道産ムラサキウニの3種。これで1人前

鱧と松茸のお椀 単品2000円

椀の直径にすっぽりはまるほど大きな鱧(葛仕立て)と、松茸の大ぶりな切り身が入った椀物。澄んだ出汁は香り豊か

王禄 意宇、澤屋まつもと、根知 男山など、米の旨みが際立ちつつも、すっきりとした味わいの日本酒を中心に揃える

すっぽんの丸鍋 単品2200円

ねぎをたっぷりかけた名物のすっぽん丸鍋。すっぽんならではの上品な旨み、とろりとしたゼラチン質が何よりの魅力

宮わき

[住所]東京都新宿区荒木町9 正起ビル1F [TEL]03-5379-6545 [営業時間]17時(予約に応じて)~22時半LO(土・日・祝~21時半LO) [休日]水 [席]カウンター7席、テーブル8席 計15席/禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-5379-6545
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

扱う日本酒は純米酒が原則。人気銘柄も飲めるので、日本酒好きには知られた人気店だ。


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

必食!一流ネタをふんだんに味わえる「生チラシ」!代々木八幡『橘すし』

艶やかかつ豪華にネタが並び、見た瞬間に顔がほころぶこと間違いなしの「創作 生ちらし」。こちらはもともと「お客さんに何か恩返しがしたい」という気持ちから生まれた、おなじみさんへの裏メニューだったそうだ。


じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。


宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

繊維の奥からあふれ出す肉汁、ほど良い歯応え、そして冴えわたる旨みに、ひと串目から感動! この鶏肉の正体こそ、宮崎の豊かな山林で、ブロイラーの3倍以上の日数をかけて飼育された「黒岩土鶏」。


最新の投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


ランキング


>>総合人気ランキング