MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
季彩や ひで|宇和島の海や大地豊かな食材で味わう和の醍醐味(郷土料理/神楽坂)

季彩や ひで|宇和島の海や大地豊かな食材で味わう和の醍醐味(郷土料理/神楽坂)

愛媛、そして宇和島の海や大地、それが透けて見えそうな新鮮で活きのいい和食が味わえるのがこちら『季彩や ひで』だ。店主の大西英樹さんが「知り合いの繋がりだけで仕入れる」という食材が生きている。まずはお造り。

季彩や ひで(最寄駅:神楽坂駅)

現地の魚屋さんから釣り物を選んで送ってもらうという魚は、「身がいかってる」と言うように、石鯛、きびなご、アジ……と、ピカピカで弾けんばかり。地元のご夫婦2人で作られる名物のジャコ天は、新鮮な魚の風味がして味が濃い。媛っ子地鶏の刺身は、まったく臭みがなく部位ごとに味わいの違いがくっきり。居酒屋とは一線を画したその皿は、勢いに溢れ、どれも和の醍醐味に満ちている。

媛っ子地鶏の刺身 八点盛り
2500円

媛っ子地鶏は、味が濃く、弾力がある肉質。ハツ、むね肉、レバー、隠し肝、セセリ、ササミ、横隔膜、砂肝の8部位

宇和島のジャコ天
600円

ほたるジャコという小魚のすり身で作られるジャコ天は小売りされてない手作り。ふわっとして、魚の風味が満点

天然の釣り魚お造り五点盛り
3500円

アカニシ貝、石鯛、太刀魚、アジ、きびなご。ともかく活きがいい。味が締まってピンピン。自然で勢いのある旨み

お通しなどで供される宇和島名物、カメの手と丸寿司。丸寿司は、甘酢のおからの上に酢で締められたきびなごが

ほんのり甘めだがキレのいい城川郷、すっきり淡麗な石鎚ともに愛媛の酒。宇和島ハイボールには地元のデコポンが使われる

宇和島の鯛めし一人前(お茶碗二杯分)
1400円

天然の鯛の刺身がたくさん乗った鯛めしも人気。米はご主人の同級生の父親が作る地元の三間米。少し甘みのある出汁でサラサラと

季彩や ひで

東京都新宿区神楽坂6-23 ☎03-6265-3778 [営]17時半〜23時(LO22時半) [休]日 [席]カウンター10席、テーブル18席 計28席/禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-6265-3778
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
更新: 2019-06-11 11:31:25
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
更新: 2019-06-05 11:34:14
新潟の地酒や郷土料理がずらりと揃う、まさしく新潟酒場。しかもその郷土料理のラインナップを眺めるに、佐渡沖いかの黒造りやら、村上の鮭びたしやら……これはもう呑むしかないものばかり。
更新: 2019-06-03 11:31:18
店主の地元熊本から直送される「馬肉」を使った料理と、地元の米焼酎「白岳」との組み合わせがイチ押しという九州料理の店。部位ごとに楽しめる新鮮な馬刺しの旨さは言うまでもないが、馬モツや馬ひもなど、珍しい部位をポン酢を生かして食べるのもオツ
更新: 2019-06-03 11:38:50
 土佐鴨とは、高知の南東部に位置する芸西村でこだわりの穀物飼料と水を与えて育てられた合鴨のこと。プリッとした食感とクセのない身質が特長だ。
更新: 2019-05-16 15:11:19
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt