MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

洋食 KOBAYA(洋食/新宿御苑前)|自慢のデミグラスでご飯がすすむニッポンの洋食

かつて築地の場内にあり、多くのファンを魅了した『洋食たけだ』。ここで腕を磨いた店主が作る、手間ひまかけた料理が評判だ。※ランチタイム有

洋食 KOBAYA(最寄駅:新宿御苑前駅)

ランチタイムにほとんどの客が注文するのが、人気のフライ系メニュー2種類を盛り合せたおトクな「本日のランチ」。この日は、ベシャメルソースにカニ肉をたっぷり使ったカニクリームコロッケと、その日の朝挽いたばかりの牛・豚ミンチで作る、ふっくらジューシーなメンチカツ。生パン粉をまとわせてから白絞油で揚げ、驚くほど軽やかな衣の食感に仕上げている。そこにたっぷりかけられる自家製デミグラスソースがウマさの決め手。トマトや玉ネギのまろやかな甘みをいかし、ご飯との相性がとにかく抜群! フライ×デミグラスの魅惑の美味に箸が止まらない。

本日のランチ(メンチ&カニクリームコロッケ)
800円

特に人気の高いメンチは定番。もう1品が日替わりとなりイカ、エビフライなどがのる

洋食 KOBAYA

[住所]東京都新宿区富久町16-14 [TEL]03-3341-8642 [営業時間]11時半~15時LO、17時半〜20時半LO [休日]日・祝[交通アクセス]地下鉄新宿御苑前駅から徒歩5分

電話番号 03-3341-8642
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
洋食タケル(洋食/根津)|看板オムライスは2種。ふわとろオムレツをチキンライスにのせたやつと卵で包む王道のやつ。
洋食工房ヒロ(洋食/京成立石)|そそり立つ特大の海老フライ、その姿はまるでシャチホコ!? 見た目のインパクトもさることながら、旨さもケタ外れ。
にっぽんの洋食 新川 津々井(洋食/茅場町)|昭和25年創業の老舗らしい本格洋食店。佇まいはほどよい緊張感だが、その期待をまったく裏切らない。
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
389views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt