MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
江戸前鮨 英|江戸前の技と素材の質を追求した珠玉のにぎり(寿司/六本木)

江戸前鮨 英|江戸前の技と素材の質を追求した珠玉のにぎり(寿司/六本木)

創業から200年にも及ぶ江戸前寿司の老舗「美家古鮨本店」で、20年以上腕を磨いた中島英樹さんが赤坂で独立、開店したのが「江戸前鮨 英 (ハナブサ)」。極上の素材と職人の高い技術が一体となった、珠玉の寿司を堪能したい。[交]六本木駅7番出口から徒歩7分、赤坂駅6・7番出口から徒歩7分

江戸前鮨 英(最寄駅:六本木駅)

 創業から200年にも及ぶ江戸前寿司の老舗「美家古鮨本店」で、20年以上腕を磨いた中島英樹さんが独立、今年3月に開店した。中島さんが得意とするのは、貝の酢洗いや白身魚の昆布〆、煮穴子をはじめとした江戸前の仕事を施すネタたち。ネタによって白酢と赤酢を使い分けるなど、細部にいたるまで計算され尽くした、江戸前の技を実感できるだろう。また砂糖を使用せず、赤酢と塩のみで仕込んだシャリは、米のふくよかな甘みが存分に引き立てられている。丁寧な仕事がなされたネタと合わさることで、この店でしか味わえない握りが生まれるのだ。極上の素材と職人の高い技術が一体となった、珠玉の寿司を堪能したい。

にぎりのコース
8640円~

生の本マグロを使用した中トロ。絶妙な〆加減のコハダ。香り高い赤貝。車エビは、それとわからぬほど軽く塩をして酢で洗っているため、甘みが引き立っている。煮ハマグリは半生に茹で上げてからタレに漬け込む。トロリとした優しい口当たりでハマグリからあふれだす濃厚な旨みをあますところなく味わえる

鉄火巻
時価

名物の鉄火巻。赤身や中トロなど、マグロの様々な部位をたっぷりと使用し、巻き簀は使わずあえて手巻きで仕上げる。香ばしくパリリとしたのりと、ふんわりとしたシャリの食感との相性も抜群だ

刺身盛り合せ
3240円~

この日は活きたまま買い付け、店で茹で上げたタコ、旨みとコクがたっぷりの赤身、軽く〆ることで風味をいかした鯖の3種の盛り合わせ

穴子
2160円~

活きた穴子を仕入れ、継ぎ足し作る煮汁でじっくりと煮込む。穴子の爽やかな風味と共に奥深いコクが広がる

江戸前鮨 英

東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャルホテル 102 ☎03-3478-1010 [営]17時~22時 [休]土 [席]カウンター9席、6名用個室1室 計15席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]都営大江戸線六本木駅7番出口から徒歩7分

電話番号 03-3478-1010
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
440views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt