MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
万事快調(ビアバー/池袋)|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒

万事快調(ビアバー/池袋)|造り手の想いを伝えるクラフトビール&日本酒

 カウンターの奥に並ぶのは10個のタップ。飲み口軽快なものから重厚感あふれるものまで、国内を中心とした醸造所で作られたクラフトビールを楽しめる。 ※ランチタイム有

クラフトワークダイニング 万事快調(最寄駅:池袋駅)

本来の風味を最大限に引き出すため、グラスにあえて泡を注がないのが店主のこだわりだ。また、日本酒の種類も豊富で常時約40種類を置いている。それぞれの蔵の個性や造り手の想いをダイレクトに感じられる無ろ過生原酒を数多く揃えているのが特徴だ。板長が毎日築地に足を運んで目利きした、上質な魚介を使った刺身や、自家製の燻製をはじめとした洗練された料理の数々に、ついつい酒盃を重ねたくなる。※ランチタイム有

刺身盛り合せ
2138円

この日は石ガレイ、水ダコ、マグロの赤身と中トロなど。白身魚やタコは、淡口醬油に柚子果汁を加えた加減醤油、マグロや青魚は生醤油でいただく。柑橘をおもわせるフレッシュな香りのビールは、とりわけ白身魚との相性がいい

金鬼ペールエール(S)
756円

真ガキ&岩ガキ
各648円

磯の風味満点な真ガキとクリーミーな岩牡蠣は産地を変えつつ1年を通してメニューにのせている

くんもり
1080円

この日は、味玉、砂肝、サバなど。それぞれの素材に下味をつけてから、ヒッコリーのチップで燻す。おだやかに立ち上る燻香を、ふくよかでしっかりとしたボディを持つ日本酒に合わせたい

クラフトワークダイニング 万事快調

東京都豊島区東池袋1-47-5モリハタビル2階 ☎03-6907-3899 [営]11時半~14時LO、17時~24時(フード23時、ドリンク23時半LO)、土17時~翌1時(フード24時、ドリンク24時半LO) [休]日(連休の場合は営業し、翌月休) [席]カウンター9席、テーブル20席 計29席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし、お通し代324円別 [交]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩7分

電話番号 03-6907-3899
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 3フロアで展開するクラフトビアバー&ボトルショップ。1階はクラフトビールの生8種類を立ち飲み&テーブルで、2階では国内外800種類以上のボトルを販売。
クラフトビール好きなら、カウンター奥のタップ数を見た瞬間にいい店だと感じるだろう。こちらは国産のクラフトビール17種類を生で提供。
神田でのビール調査で最大のタップ数だったのがこちら。国内を中心としたラインナップで、限定ビールも多数登場。
豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。
スワンレイクパブ エド八重洲店(ビアバー/東京駅)の特徴は、新潟の自然豊かな環境と清らかな名水で醸造されるスワンレイクビール。そのパブスタイル第1号の直営店がココだ!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
320views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt