MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
UOK(割烹料理/池袋)|2号店も池袋にオープン

UOK(割烹料理/池袋)|2号店も池袋にオープン

池袋のKOUの2号店としてオープンしたUOK。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。 ※ランチタイム有

UOK(裏KOU)(最寄駅:池袋駅)

日本酒は軽やかな飲み口のものから重厚感あふれるものまで味のバラエティに富んだ品揃えで、料理との相性もピタリと決まる。また、こちらはランチ営業も行っており、写真の豚の角煮やもつ煮込みを、おかわり無料のご飯やスープと共に定食(750円〜)で味わえる。※ランチタイム有

黒鯛のおくら蒸し梅肉餡がけ
540円

山芋やオクラで作る餡と共に黒鯛を蒸し上げる。梅の酸味をきかせて爽やかな味わいに。

鴨ロースの山椒味噌煮
432円

赤味噌を塗って蒸すことで、しっとり柔らかな食感。山椒の風味がきいている。

豚の角煮・煮玉子・辛子
432円

溜まり醤油と濃口醤油でこっくりとした味わいだ

こんな夜に…雷鳥 純米生
グラス411円

豊国 純米吟醸
グラス411円

食事に合う酒を常時6〜7種揃える

居谷里 熟成山廃純米原酒
グラス411円

UOK(裏KOU)

東京都豊島区西池袋1-32-8青木ビル1階奥 [TEL]080-9669-5473[営]12時〜15時(売り切れ次第終了)、18時〜24時 [休]日 [席]カウンター7席 計7席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード不可/夜のみ予約可/サなし、お通し代324円別 [交]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩1分

電話番号 080-9669-5473
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt