MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
すし和楽|つまみとにぎりが織り成すおまかせを味わう贅沢(寿司/新橋)

すし和楽|つまみとにぎりが織り成すおまかせを味わう贅沢(寿司/新橋)

「すし和楽」の店主地葉知行さんが心掛けるのは「少しずつを贅沢に」。お品書きは築地でその日使う分だけ仕入れるネタのおまかせのみで、食事や酒の進み具合に応じてつまみとにぎりを適宜出してくれる。[交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩5分

すし和楽(最寄駅:新橋駅)

お品書きは築地でその日使う分だけ仕入れるネタのおまかせのみで、食事や酒の進み具合に応じてつまみとにぎりを適宜出してくれる。種類を多く楽しめるよう、つまみ1品の量もにぎりのシャリも小さめ。煮アワビなど誰もが唸る高級食材があるかと思えば、ショウガの奈良漬けなど気の利いた酒の肴が程良く供され、その心遣いと旨さに思わず笑みがこぼれる。にぎりはネタによって煮切りが馴染むよう繊細な切り目を施し、手巻などは一番美味しい状態で味わえるよう手渡し。仕入れがあればウニはムラサキとバフンの食べ比べができるのもうれしい。

おまかせコース
8000円

にぎりは赤酢のほか2種の米酢を独自に配合したシャリを用いる。ネタは毎日築地に足を運んで自らの目で選ぶことをモットーとしている

基本はつまみと刺身で8品以上。人気の煮アワビと毛ガニは仕入れによるがなるべく用意する。毛ガニは塩水で茹でて丁寧に身をほぐした後に、甲羅にぎっしり詰め直したもの。煮アワビは鮮度のいい活きた状態から仕込み、昆布ダシで約2時間、沸騰させないように気を配りながらじっくり柔らかく煮る

玉子
300円

まるでチーズケーキを思わせるまろやかな風味と見た目、ふんわりとした優しい食感。ほんのり甘く、にぎりの〆にデザート感覚で楽しめる。卵白と生クリームを入れて軽やかな食感とコクを出している

すし和楽

東京都中央区銀座8-7-10 第一常盤ビル5階/☎03-3573-8101 [営]18時~23時 [休]日・祝 [席]カウンター8席、計8席/全席禁煙/要予約/カード可/サなし [交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩5分

電話番号 03-3573-8101
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。
「寿司屋の仕事の3分の2は仕込み」。そう語るのは、4代目の山縣正さん。
 寿司を握り続けて半世紀以上という店主の須田さん。鍛え抜かれた逞しい指先から生まれる、少し大きな握りには職人の気迫がみなぎっている。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt