MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
いち井|住宅街にひっそり店を構える隠れた実力店を発見!(寿司/上野毛)

いち井|住宅街にひっそり店を構える隠れた実力店を発見!(寿司/上野毛)

「いち井」は上野毛の住宅街に店を構えて16年。店主の藤井雄一さんは、数々の店で経験を積んだ、この道40年以上の腕利きの職人だ。そんな藤井さんが毎朝、横浜市中央卸売市場に足を運んで仕入れるネタは、どれも上質なものばかり。[交]東急大井町線上野毛駅より徒歩8分

いち井(最寄駅:上野毛駅)

鮮度が少しでも落ちたものは、一切使用しないというのもこだわりだ。それに合わせるシャリは、茨城県の農家から仕入れる「さとかわ米」に、白酢と赤酢を独自にブレンドしたもの。まろやかな酸味によって引き出された米の旨みや甘みが、それぞれのネタの魅力をしっかりと支えている。 刺身のみならず、煮物や焼き物など、多彩な料理で種類豊富な旬の魚介を食べさせてくれる、充実のコースは必食だ。

旬のコース波留
5940円

使用するネタはすべて天然物のみ。インドマグロの大トロや赤身、かみしめると旨みがにじみ出てくるハタ、活きたま仕入れ店で茹で上げる車エビなど

Aダシで炊いてからそぼろ状にし炒りつけ、押し寿司にした名物寿司。ホタテの身の甘さが際立つ B大阪湾産のイワシで脂ののりが最高 C生クリームとウニを合わせたソースが、濃厚なコクをプラス D素揚げしたナスに、車エビや銀杏の入った餡をたっぷりとかけている

コハダ
324円

ごく軽く酢で締めることで繊細な身の柔らかさを損なわず、コハダ本来の爽やかな香りを一層際立たせている。小ぶりに握られたシャリとのバランスも抜群だ

きんきの一夜干し
4104円~

網走産の釣りきんきを使用し、天火でじっくりと焼き上げれば、上質な脂が身からあふれ出す(価格は大きさによって変わる)

江戸前穴子の白焼き
432円

パリっと香ばしい皮目の焼き具合が絶妙だ

いち井

東京都世田谷区中町4-28-10 ☎03-3705-5536 [営]17時~23時 [休]水•第3木 [席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード可/予約が望ましい/サなし [交]東急大井町線上野毛駅より徒歩8分

電話番号 03-3705-5536
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt