MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
「鮨なかがわ」の職人技が光る寿司と逸品料理(寿司/錦糸町)

「鮨なかがわ」の職人技が光る寿司と逸品料理(寿司/錦糸町)

「鮨なかがわ」のメニューはその日のおまかせコースのみ。つまみとにぎりの両方を最後まで均等に楽しめるよう、酒のアテの合間に絶妙なタイミングでにぎりを織り交ぜてくれる。[交]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩8分

鮨なかがわ(最寄駅:錦糸町駅)

風味豊かな赤酢のシャリは粒が大きく艶のある佐賀の米を使用。一つひとつ丁寧に仕込まれたつまみは、エビやカニのダシで作った茶碗蒸しやミニイクラ丼など品数の多さも評判だ。昆布や酒などで漬け込んだ自家製明太子は、ひと腹756円で手土産にもできる。

おまかせコース
8640円

おまかせコースのにぎり。最低10貫以上は提供する。写真は北海道産の生ウニや、コクのある肝を添えたサンマ、包丁を入れて歯切れよくしたブリなど

つまみはあん肝など酒のアテにピッタリの味わいから、ミニイクラ丼まで多彩

コハダ
270円

佐賀県産のコハダ。小ぶりなものを選び、塩でしっかり味を引き締めた後、酢で洗う程度で仕上げる。爽やかな酸味が後を引く

鮨なかがわ

東京都墨田区太平1-22-1  ☎03-6284-1988 [営]17時半~22時半 [休]日、祝は不定休 [席]カウンター6席(座敷もあるが現在はカウンター席のみ利用)、計6席/全席禁煙/予約が望ましい/カード不可/サなし [交]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6284-1988
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
969views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt