MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
たつや|黒ホッピー発祥の店 『たつや』に行ってみた!(焼き鳥/恵比寿)

たつや|黒ホッピー発祥の店 『たつや』に行ってみた!(焼き鳥/恵比寿)

黒ホッピーの聖地巡礼として訪れるお客様も!

会長のホッピー・ちゃんぽん好きから始まった「黒ホッピー」

昭和51年創業の恵比寿・たつやは、鮮度抜群のモツを芝浦から仕入れ、大ぶりな串やもつ煮が名物の繁盛店。

開店から2年ほど経ったある日、ホッピーに黒ビール(ギネス)を入れたところ、その美味しさで好評となるも採算が合わず断念。

しかし問屋さんが現・ホッピービバレッジへ話をしたところ、平成4年に「黒ホッピー」が誕生したという。黒ホッピーならではのコクと甘みのバランスが引き出された一杯は飲む価値あり!

写真:黒ホッピー 470円、がつ刺し 380円、お徳用盛り合わせ(5本)850円

たつや 駅前店(最寄駅:恵比寿駅)

東京都渋谷区恵比寿南1-8-16 STM恵比寿ビル1F ☎03-3710-7375 [営]8時~翌5時(翌4時LO)、日・祝8時~22時(21時LO) [休]年末年始 [交]東京メトロ日比谷線恵比寿駅から徒歩2分

電話番号 03-3710-7375
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
969views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt