MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
やきとん 元気(焼きとん/秋葉原)|食べられるのは都内でここだけ!? 必ず注文したい黒豚もつ焼き

やきとん 元気(焼きとん/秋葉原)|食べられるのは都内でここだけ!? 必ず注文したい黒豚もつ焼き

秋葉原にある、やきとん元気の紹介記事。ここのもつ焼きには、白豚串、黒豚串の2種がある。白豚は一般的な豚、黒豚は鹿児島県の南州農場から週3回直送されるもの。

やきとん 元気(最寄駅:秋葉原駅)

レバー、カシラ、ハツ、サガリなどの部位を炭火でじっくり焼き上げる。白豚でも十分旨いが、食べ比べてみると旨みの深さは歴然、ヤミツキになる味だ。売り切れ御免のヒレ、ロース、ホホなどの特上串(各350円)にもぜひ挑戦してみたい。気取らず美味しい料理が食べられる良店で、店内はいつも活気にあふれている。

バラ、トントロ、カシラ
各1本200円

写真はすべて黒豚串。白豚串は1本100円〜150円。
バラ、トントロ、カシラ各1本200円、レバー各1本200円、ホイス小300円

元気玉
200円

豚挽き肉に玉ねぎ、タケノコ、ネギ、ニラなどを混ぜ、シュウマイの皮で包んで蒸したもの。辛酸っぱいタレが良く合う

皿ナンコツ
200円

豚のノド部分を使った軟骨煮込みも人気の一品

煮込み
200円

2時間かけて煮込んだ味噌味の煮込み

やきとん 元気

東京都千代田区神田佐久間3-37-30 轟ビル1階 ☎03-5829-9910 [営]17時〜23時、土17時〜22時半(22時LO) [休]日・祝 [席]テーブル計70席/禁煙席なし/予約可/カード不可/お通しなし [交]JRほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分

電話番号 03-5829-9910
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt