MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
太助寿し|きめ細やかで濃厚な旨み!大間マグロの赤身づくし(寿司/浅草)

太助寿し|きめ細やかで濃厚な旨み!大間マグロの赤身づくし(寿司/浅草)

「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、浅草の「太助寿し」はかっぱ橋本通りに店を構えて50年。築地から仕入れるネタは長い付き合いがあるからこその、特に上質なものばかり。なかでも天然生本マグロは、大間や戸井、紀州勝浦産などを季節により使い分け、10月から1月にかけては一本釣りで釣った最高級の大間産が登場。[交]浅草駅

太助寿し(最寄駅:浅草駅)

 かっぱ橋本通りに店を構えて50年。築地から仕入れるネタは長い付き合いがあるからこその、特に上質なものばかり。なかでも天然生本マグロは、大間や戸井、紀州勝浦産などを季節により使い分け、10月から1月にかけては一本釣りで釣った最高級の大間産が登場。大間マグロの真髄を味わうなら、まずは赤身尽くしの「大間まぐろ寿司」がいい。水揚げされてから1週間ほど寝かせた艶やかな赤身は、口あたり優しく、旨みがぎゅっと凝縮して実に美味だ。銚子産金目鯛と薩摩の新イカに始まり、大間マグロも入るおまかせは、12貫で1万2千円。他にアイルランド産天然本マグロを使った手頃なセットメニューもある。

大間まぐろ寿司
3500円

自慢の赤身7貫。むっちりとした身は濃厚な旨みと甘み、ほどよい酸味を含んでいる。はらりとほどけるシャリとのバランスも秀逸だ。アイルランド産の場合は2100円。

北海道産ウニ
1500円

赤穂の塩で甘みを引き出した北海道産ウニ。「海苔の香りでごまかすようなネタではない」と軍艦にせず握る。口に運ぶとトロリと甘く、磯の香りが鼻に抜ける。

大間産大トロ
2500円

最も高価とされる腹カミの大トロと中トロを使う。いずれも脂はくどくなく、大トロは舌の上ですっと溶け、中トロはじんわり広がる甘みがたまらない。

大間産中トロ
2000円

太助寿し

[住所]東京都台東区松が谷2-26-6 [TEL]03-3841-4811 [営業時間]11時30分~22時30分(22時LO.) [休日]水曜日 [座席]カウンター11席、小上がりテーブル4席×1卓、個室4室 計84席/個室のみ喫煙可/カード可/17時以降は予約可/サなし [アクセス]つくばエクスプレス浅草駅より徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3841-4811
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt