蒲田 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が蒲田を食べ歩いて見つけたおすすめランチ店

蒲田 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が蒲田を食べ歩いて見つけたおすすめランチ店

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、蒲田エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチの情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。


煮干しつけ麺 宮元【ラーメン/蒲田駅から徒歩5分】

東京都大田区西蒲田7-8-1 ☎03-5703-0213 
[営]11 時~14時半LO、18 時~21 時LO 
[休]水 
[席]カウンター10席/禁煙/カード不可 
[交]JR蒲田駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

パンチがあるのに食べやすい 煮干しがガツンと利いた極濃つけめん

特製極濃煮干しつけ麺 1030円             

チャーシューは、オーブンで低温調理した肩ロースと高温で焼き目をつけた後、低温でじっくり火を入れる豚バラ肉の2種類がのる

「極濃煮干しつけ麺」のつけ汁のベースは鶏ガラや丸鶏、モミジなどの鶏で、ゲンコツや背ガラなどの豚と8対2の割合で作る。そこに大量の煮干し類を加え、独特の苦みやえぐみ、雑味をプラス。ガラ類も煮干しも普通の店では考えられないほど大量に使い、驚くほど深く濃厚な味わいに仕立てている。個性の強い煮干しの味をマイルドな動物スープが受け止めてくれるので、クセはなし。

「極上濃厚煮干しそば」にも鶏と豚、煮干しを使うが、材料が異なるためスープは別どりする。濃厚ながらも脂分をあまり含まないので、スープを飲み干していく客も多いそう。

パンチがあるのに食べやすい 煮干しがガツンと利いた極濃つけめん(ラーメン/蒲田)

https://matomeshi.jp/articles/849

小岩の人気店「麺屋 一燈」出身の店主が独立し「煮干しつけ麺 宮元」を開店。看板メニューは「極濃煮干しつけ麺」。[交]JR蒲田駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

the 肉丼の店【肉丼/蒲田駅から徒歩1分】

東京都大田区西蒲田7-5-5 ☎03-6424-7077 
[営]11時~23時(22時半LO) 
[休]無休 
[席]カウンター6席、テーブル3席×1卓 計9席/カード不可/予約不可/サなし
[交]JR京浜東北線ほか蒲田駅西口から徒歩1分

ダブルのタレ使いで肉とご飯をつないでいくローストビーフ丼

レアローストビーフ丼(並) 850円

薄くスライスしたローストビーフは、繊維の奥までしっかりとタレがしみ込んでいるため、ご飯との馴染みも抜群だ。じっくり煮込んだ「南国風牛すじカレー」は、まろやかな甘みが特徴的

ローストビーフは焼き上げてから3日間かけて、中までしっかりと味を染み込ませている。ご飯にはコチュジャン入りのピリ辛ダレ、肉には赤ワインを加えた醤油ダレのダブル使いで、奥行きある味わい。バジル入りのワサビマヨネーズの清々しい風味も絶妙なアクセント。残ったご飯にココナッツミルクを使った「南国風牛すじカレー」(ルウ1/2人前200円)をかけるのもおすすめだ。

ダブルのタレ使いで肉とご飯をつないでいくローストビーフ丼(肉丼/蒲田)

https://matomeshi.jp/articles/615

1日に300人以上が訪れる超人気店。ご飯と牛肉との相性をトコトン追求した1杯だ。ローストビーフは焼き上げてから3日間かけて、中までしっかりと味を染み込ませている。the 肉丼の店[交]JR京浜東北線ほか蒲田駅西口から徒歩2分 ※ランチタイム有

ステーキ丼と牛すじカレーもお値打ち

レアローストビーフ丼(並) 850円

レア状に仕上げたジューシーなローストビーフは、完成までに三日間かけて旨みを引き出す。希少部位のイチボを使った「極上柔らかステーキ丼並」(1000円)、トロトロの牛すじがどっさり入った「南国風牛すじカレー並」(500円)もお値打ちで旨い。

ステーキ丼と牛すじカレーもお値打ち(肉丼/蒲田)

https://matomeshi.jp/articles/569

レア状に仕上げたジューシーなローストビーフは、完成までに三日間かけて旨みを引き出す。希少部位のイチボを使った「極上柔らかステーキ丼並」(1000円)、トロトロの牛すじがどっさり入った「南国風牛すじカレー並」(500円)もお値打ちで旨い。the 肉丼の店 [交]JR蒲田駅西口から徒歩1分 ※ランチタイム有

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ【カツカレー/蒲田駅から徒歩4分】

東京都大田区蒲田5-43-7 ☎非公開 
[営]11時~15時頃、17時~21時 
[休]水 
[席]カウンター7席 計7席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし 
[交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分

林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る、行列店『とんかつ檍』のカツカレー

かたロースカツカレー 2000円

カレーは全6種あり、「かたロースカツカレー」は280~300gのカツがドーンとのったド迫力の一品だ。中はうっすらピンクの半レア状態で、かぶりつけば肉の旨み、脂の甘みが口中に広がる。檍では食べられないジューシーなメンチカツも、ぜひ!

林SPF豚の濃厚な味、脂の甘みが光る、行列店『とんかつ檍』のカツカレー(カツカレー専門/蒲田)

https://matomeshi.jp/articles/470

2015年2月に開店したこの店は、行列店『とんかつ檍』のカツカレー専門店。カレーは全6種あり、「かたロースカツカレー」は280~300gのカツがドーンとのったド迫力の一品だ。とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ[交]JR京浜東北線蒲田駅東口から徒歩4分 ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


回転寿司 激うま番付!美味しく進化中!?

回転寿司 激うま番付!美味しく進化中!?

安くて気軽に食べられるイメージのある、回転寿司。実は今、本格的なにぎりを提供する店が増加中です。おすすめの回転寿司の良店をご紹介します!※「回転’s data」は、5段階で評価しています。CPはコストパフォーマンスの良さ、ファミリー感は家族で行きやすいところ、混雑度は行列ができる人気店ほど評価が高くなっています。


蔵前駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「らーめん 改」の「貝塩らーめん 」

蔵前駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「らーめん 改」の「貝塩らーめん 」

鮮魚系ラーメンを得意とする『いつ樹グループ』の出身らしく、スープの軸は貝のダシ。らーめん改 都営大江戸線蔵前駅A0出口から徒歩3分 ※ランチタイム有


ピザランド|イタリアから来た刺客とタッグでライバルを撃破!?(バル/蒲田)

ピザランド|イタリアから来た刺客とタッグでライバルを撃破!?(バル/蒲田)

店名通り売りはごく一部をのぞいてオール500円ワンコインのピザ! グラスワインは380円からあるが、注目したいのは、グラス500円、ボトル3800円からある日本ワイン(勝沼醸造!)のラインナップ。甲州シュール・リーもこの店ならカパカパいける!


銀座 篝|行列の絶えない人気ラーメン店(ラーメン/銀座)

銀座 篝|行列の絶えない人気ラーメン店(ラーメン/銀座)

都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板メニューは「鶏白湯SOBA」「煮干醤油SOBA」※ランチタイム有


角打ちワインバル  ドンピノ|都内一の独創的な技の魔術師!(バル/蒲田)

角打ちワインバル ドンピノ|都内一の独創的な技の魔術師!(バル/蒲田)

角打ち酒場を意識したかのようなアクリルの升に置かれたグラスから、溢れるように注がれるワイン。見た目重視で邪道とも思えるかもしれないが、升とグラス間でワインを行き来させれば、これぞ必殺の手酌デカンタージュ! ワインを手軽に美味しく楽しむ最強方法なのかもしれない。※ランチタイム有


最新の投稿


37 QUALITY MEATS(ハンバーグ/銀座)|六本木の人気ステーキハウスの新店。

37 QUALITY MEATS(ハンバーグ/銀座)|六本木の人気ステーキハウスの新店。

極粗挽きのハンバーグは、まるでステーキのような肉々しい歯応え。※ランチタイム有


絶対に食べておきたい味噌ラーメン2杯! ラーメン 温故知新<味噌編>(ラーメン/関東)

絶対に食べておきたい味噌ラーメン2杯! ラーメン 温故知新<味噌編>(ラーメン/関東)

味噌ラーメン界のトップを走り続ける創業51年の老舗と、白味噌を使った独自の味でファンを獲得している人気店。絶対に食べておきたい味噌ラーメン2杯をご紹介します!


ステーキバル RYO(ハンバーグ/銀座)|専用庫で40日間寝かせた熟成肉を使用したハンバーグ

ステーキバル RYO(ハンバーグ/銀座)|専用庫で40日間寝かせた熟成肉を使用したハンバーグ

専用庫で40日間寝かせた熟成肉を使用。噛むほどに熟成肉ならではのコク深い肉汁が広がる。※ランチタイム有


牛の割烹 葉山(ハンバーグ/銀座)|“幻”ブランド牛の美味しさがギュウッ!

牛の割烹 葉山(ハンバーグ/銀座)|“幻”ブランド牛の美味しさがギュウッ!

年間160頭程しか出荷されない葉山牛の赤身だけを使うハンバーグ。まずはソースをつけずにぜひ。※ランチタイム有


第8回 薬味やだし汁で5通りもの味が楽しめる「かき揚げまぶし」

第8回 薬味やだし汁で5通りもの味が楽しめる「かき揚げまぶし」

地下鉄名城線砂田橋駅近くにある『天ぷら やじま。』。独自ブレンドした油を使い、旬の魚介や野菜を薄衣に閉じ込めた天ぷらが楽しめる人気店に、ひつまぶし風のメニューが誕生したのは、天ぷらのコースの〆に食べる天丼と天茶を選ぶのに迷っていた客の何気ないひと言がきっかけだったという……。


ランキング


>>総合人気ランキング