MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
竹寿司(寿司/相模原)|寿司飯に合うネタを求めて辿り着いたインドマグロ

竹寿司(寿司/相模原)|寿司飯に合うネタを求めて辿り着いたインドマグロ

「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、相模原の「竹寿司」は本マグロと並んで高級品として知られるインドマグロ、最も良好な漁場であるケープタウン沖で獲れた、希少な天然モノを使う。40年前の創業当時から貫くこだわりだ。[交]小田急線小田急相模原駅北口から徒歩20分 ※ランチタイム有

竹寿司(最寄駅:小田急相模原駅)

「しっかりとした脂のインドマグロは、酢飯に合う。わさび、醤油とのバランスもよく、最も寿司に適している」とは店主の弁。自慢のマグロを、財布を気にせず食べて欲しいと始めた「まぐろづくし」は、大トロ2貫、中トロ3貫、赤身2貫、鉄火巻、ネギトロ巻が付く。いずれもほんのり甘みのあるシャリとなじみがよい。親子二代でつけ場に立ち、家族で切り盛りする店は気取りない雰囲気。肩肘張らず楽しく味わいたい。

まぐろづくし
3780円

大トロ2貫、中トロ3貫、赤身2貫に、鉄火巻とネギトロ巻が付いて、この値段はうれしい。全体的に味が濃厚で、脂も十分。とくに赤身は、色が濃くて美しい。

かつお
216円

三陸沖の戻り鰹。今の時期は最も脂がのって美味。10月下旬以降は房総や横須賀沖の鰹を使い、脂は落ちるが、モチモチとした食感が楽しめる。

おまかせにぎり
3240円

にぎり10貫に巻物、お椀、デザート付き。ネタは仕入れによって変わり、この日は大トロ、中トロ、赤身のマグロ3種をはじめ、羽田沖で揚がるふわとろの穴子、鳥取県産ダルマイカ、歯応えのよい赤貝など大満足の握りが勢ぞろい。シャリに使う米は佐渡島産。

魚介を使った一品料理も品書きに並ぶ。寿司ネタに使うダルマイカのゲソを揚げた天ぷらは、表面はカリッと、中は柔らかな仕上がり。冬にはスミイカを使う。
この日の野菜は、ナスやカボチャ、しめじ。これからの季節は山菜などもお目見えする。

竹寿司

[住所]神奈川県相模原市南区相模台3-14-20 [TEL]042-742-5111 [営業時間]11時~23時 [休日]水曜日 [座席]カウンター8席、テーブル4席×2卓、座敷4×4卓 計32席 喫煙席あり/カード可/予約可/サなし [アクセス]小田急線小田急相模原駅北口から徒歩20分 ※ランチタイム有

電話番号 042-742-5111
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
471views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt