MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
割烹 吉葉(寿司/両国)|仲卸会社直営天然マグロを丸ごと1本買い!

割烹 吉葉(寿司/両国)|仲卸会社直営天然マグロを丸ごと1本買い!

「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、両国の「割烹 吉葉」は第43代横綱の吉葉山が構えた宮城野部屋を譲り受け、昭和58年に創業。当初はちゃんこ鍋を主軸とした割烹だったが、平成13年、隣接する新館の設立と同時に寿司カウンターも設置した。数あるネタの中でも特に力を入れるのがマグロだ。[交]両国駅西口から徒歩10分

割烹 吉葉(最寄駅:両国駅)

築地の仲卸会社の直営という強みを存分にいかして仕入れる魚介は、新鮮そのもの。数あるネタの中でも特に力を入れるのがマグロだ。天然物のインドマグロを丸ごと1本買い付けているため、様々な部位を味わえるのも魅力。骨や皮周りの身からとるすき身を使った巻き物は脂のコクがたまらない。もちろん、ダシにこだわった具だくさんなちゃんこ鍋も絶品だ。日本建築の粋を集めた総檜造りの店内の雰囲気と共に味わいたい。

マグロづくし寿司盛り合わせ
2900円(売り切れの場合もあります)

美しくサシの入った大トロ、きめ細やかでとろけるような中トロ、赤身は濃厚なコクがあふれ、それぞれの魅力を堪能できる。脂をたっぷりふくんだすき身を使ったネギトロ巻と、鉄火巻もつく。店で扱っている天然のインドマグロは酸味が少なく、旨みが強いのが特徴だ。

ちゃんこ吉葉鍋
2600円(写真は2人前)※注文は2人前より

魚介はホタテ、エビ、鮭などたっぷり。他に豚肉や鶏肉、野菜など17種類の具材を盛り込んでいる。醤油ベースのスープはそれぞれの具材から出た旨みがたっぷり。

上寿司
2500円

脂ののったカンパチ、コリコリとした食感がたまらない赤貝、磯の風味たっぷりのウニなど、豪華ネタが勢ぞろい。もちろん自慢のマグロも入る。

割烹 吉葉

■『割烹 吉葉』
[住所]東京都墨田区横網2-14-5 [TEL]03-3623-4480 [営業時間]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜22時(21時10 分LO) [休日]日曜日・祝日(ただし、大相撲東京場所中は夜のみ営業) [座席]カウンター7席、テーブル74席、座敷58席、個室12室 計300席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代400円別 [交]JR総武線ほか両国駅西口から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3623-4480
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
440views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt