MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
割烹 吉葉(寿司/両国)|仲卸会社直営天然マグロを丸ごと1本買い!

割烹 吉葉(寿司/両国)|仲卸会社直営天然マグロを丸ごと1本買い!

「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、両国の「割烹 吉葉」は第43代横綱の吉葉山が構えた宮城野部屋を譲り受け、昭和58年に創業。当初はちゃんこ鍋を主軸とした割烹だったが、平成13年、隣接する新館の設立と同時に寿司カウンターも設置した。数あるネタの中でも特に力を入れるのがマグロだ。[交]両国駅西口から徒歩10分

割烹 吉葉(最寄駅:両国駅)

築地の仲卸会社の直営という強みを存分にいかして仕入れる魚介は、新鮮そのもの。数あるネタの中でも特に力を入れるのがマグロだ。天然物のインドマグロを丸ごと1本買い付けているため、様々な部位を味わえるのも魅力。骨や皮周りの身からとるすき身を使った巻き物は脂のコクがたまらない。もちろん、ダシにこだわった具だくさんなちゃんこ鍋も絶品だ。日本建築の粋を集めた総檜造りの店内の雰囲気と共に味わいたい。

マグロづくし寿司盛り合わせ
2900円(売り切れの場合もあります)

美しくサシの入った大トロ、きめ細やかでとろけるような中トロ、赤身は濃厚なコクがあふれ、それぞれの魅力を堪能できる。脂をたっぷりふくんだすき身を使ったネギトロ巻と、鉄火巻もつく。店で扱っている天然のインドマグロは酸味が少なく、旨みが強いのが特徴だ

ちゃんこ吉葉鍋
2600円(写真は2人前)※注文は2人前より

魚介はホタテ、エビ、鮭などたっぷり。他に豚肉や鶏肉、野菜など17種類の具材を盛り込んでいる。醤油ベースのスープはそれぞれの具材から出た旨みがたっぷり

上寿司
2500円

脂ののったカンパチ、コリコリとした食感がたまらない赤貝、磯の風味たっぷりのウニなど、豪華ネタが勢ぞろい。もちろん自慢のマグロも入る

割烹 吉葉

[住所]東京都墨田区横網2-14-5 [TEL]03-3623-4480 [営]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜22時(21時10 分LO) [休]日・祝(ただし、東京場所中は夜のみ営業) [席]カウンター7席、テーブル74席、座敷58席、個室12室 計300席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し代400円別 [交]JR総武線ほか両国駅西口から徒歩10分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3623-4480
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt