MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ニッポンまぐろ漁業団(マグロ料理/新橋)のグルメ取材記事と写真

ニッポンまぐろ漁業団(マグロ料理/新橋)のグルメ取材記事と写真

新橋のマグロ料理店「ニッポンまぐろ漁業団」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「マグロにこだわる三ツ星店」特集掲載店、マグロ料理がメインの居酒屋「ニッポンまぐろ漁業団」が新橋に開店。この店のコンセプト。美味しく食べつつ、マグロへの理解を深めてほしい。

ニッポンまぐろ漁業団(最寄駅:新橋駅)

マグロの食べ比べができる注目店!

メニューには刺身に焼き物、揚げものなど、本当にマグロ料理がずらり。と、我々は笑顔なのだが、実は後継者不足などにより、漁師には必ずしも明るい未来ばかりではないのだとか。そんな現状を知ってもらおうというのも、この店のコンセプト。美味しく食べつつ、マグロへの理解を深めてほしい。

まぐろ尽くし
2人前・1490円

異なるマグロの種類や部位の6つを食べ比べられる「まぐろ尽くし」

まぐろおまかせ握り寿司(味噌汁付き)
590円

まぐろカマのスペアリブ
990円

「まぐろカマのスペアリブ」などを注文。この日は「勝栄丸」が太平洋で獲ったバチマグロを使用、脂も十分で旨かった。

ニッポンまぐろ漁業団

東京都港区新橋2-14-3 新橋レンガ通り会館4階 ☎03-3539-4035 [営]16時〜24時(金・祝前日は〜翌3時) [休]無休 [交]地下鉄銀座線 新橋駅 徒歩1分、JR 新橋駅 徒歩1分

電話番号 03-3539-4035
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
更新: 2019-05-13 14:01:08
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分
更新: 2018-09-21 16:00:49
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt