MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

湿気の多い名古屋の夏はジメジメ。じっとしていても汗が噴き出してくる始末。日によっては沖縄よりも気温が高いこともあるので本当にイヤになる。こんな暑い日は「きしころ」に限る。えっ、それは何かって!?きしめんの「ころ」の略に決まっているではないか……。

名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。/名古屋エリア限定グルメ情報(4)

 あ゛~っ、暑い。
 湿気の多い名古屋の夏はジメジメ。じっとしていても汗が噴き出してくる始末。日によっては沖縄よりも気温が高いこともあるので本当にイヤになる。こんな暑い日は「きしころ」に限る。
 えっ、それは何かって!? きしめんの「ころ」の略に決まっているではないか。ナニ?「ころ」の意味がわからないって!?

「ころ」は、地元の名古屋でもよく「冷やかけ」や「冷やしぶっかけ」などの冷たい麺にたとえられる。
 実際に麺もつゆもキリッと冷えたものを出す店も多いが、実は正しくない。
 なかには常温に近い温度で出す店もあるのだ。今でこそ少数派だが、冷蔵庫がなかったころは、これがスタンダードだったのだろう。だから、「ころ」とは、「温かくない麺」ということになる。

 その語源だが、冷たくても香りの立った、濃いめのつゆを使うことから、「香露(こうろ)」が訛ったものという説もある。「香露」という洒落た表現と名古屋を代表する大衆グルメであるきしめんとあまりにもかけ離れすぎている(笑)。
 きしめんを1ランク上の、格式高いものにせんがために、「後付け」したのだろうと思う。


 東区泉の『みそ煮込みの角丸』の三代目店主で愛知県東麺類組合会長の日比野宏紀さんによると、
「『きしころ』の『ころ』は、石ころやさいころ、あんころ餅のように、小さいものや丸いものを指すときに使う『ころ』と同じ意味だと思います。麺はひと玉、ふた玉と数えますしね」とのこと。



 これが『みそ煮込みの角丸』の「きしころ」(680円)。
 麺とつゆが冷たいだけで、温かい「かけきしめん」とビジュアルはまったく同じ。
 きしめんの麺やつゆについては、いずれ詳しく紹介するが、冷たくてもパンチのあるダシの味と香りが楽しめるのが「きしころ」の醍醐味だろう。

 店によっては、浅めの器に盛られたきしめんに濃いめのつゆをかけて食べるスタイルの「きしころ」もあり、それはそれで旨い。ある程度は定義しているものの、絶対にこうでなければならないというルールはない。

 このユルさもまた名古屋めしの楽しさだ。




 そんな「きしころ」の美味しさを再認識してもらおうと、愛知県東麺類組合が中心となって、市内外の麺類食堂42店舗による「第3回きしころスタンプラリー」を開催している。8月31日(木)まで、5店舗食べ歩くごとに500円の金券が進呈される。
 このイベントのために考案した限定メニューを出す店もあるそうなので、いろんな味を楽しんでみてはいかがだろうか?


みそ煮込みの角丸
愛知県名古屋市東区泉1-18-33/☎052-971-2068/[営]11時~19時半(土は11時~14時)/[休]日、祝/交地下鉄桜通線ほか久屋大通駅1B出口から徒歩5分

第3回きしころスタンプラリー
http://www.aichi-udonsoba.com/2017年きしころスタンプラリー開催!!/




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋のご当地ラーメンといえば、台湾ラーメンがあまりにも有名だが、愛知県西部の一宮市にも知らない人はいないほど有名なラーメンがある。 それは、ニンニクがゴロゴロと粒ごと入った「ベトコンラーメン」。 5年ほど前に、名古屋・伏見のビジネス街に一宮の本店からのれん分けした店がオープンし、知名度を上げているのだ。
半年ほど前からは月イチのペースで静岡県へ通っている。そして、浜松市へ行ったときに、ときどき立ち寄らせてもらっているうなぎの店がある。 その店は、私の中では名古屋で食べたうなぎも含めて、間違いなく三本の指に入る名店中の名店。それが今回紹介する浜松市北区にある『鰻処 うな正』だ……。
名古屋めしの一つに挙げられる海老フライをはじめ、名古屋人は海老が大好き。名古屋市の隣町、あま市にある海老料理専門店『花菖蒲』は、刺身や焼き物、揚げ物から創作メニューまでありとあらゆる海老料理がそろう……。
リニア開通に向けて再開発がすすむ名古屋駅界隈。東側には名古屋エリアに初出店した東京の有名店やチェーン店が建ち並ぶ。一方、西側はというと、昔ながらの安い居酒屋や焼肉店、食堂など庶民的な店が軒を連ねている。 今回紹介する『中国料理 千龍』も名古屋駅の西側。創業は平成7(1995年)の、安くて旨い店だ。
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt