エリア: 東京都

ホットケーキは永遠なり。 パンケーキにはない美味しさ!東京おすすめ4店舗!

ホットケーキは永遠なり。 パンケーキにはない美味しさ!東京おすすめ4店舗!

喫茶店のホットケーキも再び脚光を浴びているという(パンケーキ、ホットケーキともに、小麦粉、卵、水が材料だが、ホットケーキには砂糖も入っていること、厚みがあることがパンケーキとの違いだ)。


作り手に嫌われてしまった悲劇のおやつ

 
ホットケーキは家庭でも作れるおやつだが、喫茶店のホットケーキは、厚みといい、香ばしさといい、素人が真似して作れるものではない。

だからこそスペシャル感があり、わざわざ食べに行く価値があるのだ。

ただ、 昔はどこの喫茶店のメニューにも存在していたが、今はメニューから消えているところも多い。何しろホットケーキは “鮮度”が命。ほかのケーキのように、“作りおき”ができないのだ。旨いものを提供しようとしたら、焼きたてを出すしかない。

そのうえ短時間では作れないクセもの。弱火でジワジワと根気良く火を通すしかなく、非常に時間がかかる。とくに厚みのあるものなど、焼き上がりまで20 分要することもあるため、あまりの効率の悪さに冷凍食品に切り替える喫茶店や提供をやめてしまう喫茶店が増えていった。

あれだけ身近だったホットケーキは、いつしか遠い存在になっていく。
 
ここで紹介するのは、その手間があっても、オーダーを受けてから作り始めるというスタイルを崩さない4 店舗だ。

なぜなら、店主や店のスタッフが、「ホットケーキが好き!」で、「だったらいちばん美味しいものを、お客様に食べてもらいたい」という熱い思いを抱いているからにほかならない。
 
スイーツというより“昭和のおやつ”という言葉がぴったりなホットケーキを食べに、ぜひ足を運んでほしい。

ニット(錦糸町)

純喫茶&ホットケーキ好きなら一度は訪れたい名店

“溶ける途中で落ちないように”、とバターを爪楊枝でとめた「ニット」のホットケーキは、純喫茶好きの間では有名だ。創業51年目。週末には家族連れの姿も目につく。 平成生まれの子どもたちにも受け継がれている、まさに昭和の味だ。

ニット(最寄駅:錦糸町駅)

https://matomeshi.jp/articles/374

“溶ける途中で落ちないように”、とバターを爪楊枝でとめた「ニット」のホットケーキは、純喫茶好きの間では有名だ。創業51年目。週末には家族連れの姿も目につく。平成生まれの子どもたちにも受け継がれている、まさに昭和の味だ。ニット[交]JR総武線ほか錦糸町駅から徒歩約4分 ※ランチタイム有

珈琲家(東上野店)

遠方から通うファンも。 正統派ホットケーキの店

茅場町の純喫茶「珈琲家」で修業後、暖簾わけしてできたのがここ。店主自身が大のホットケーキ好きで、研究に研究を重ねてたどりついた究極の味だ。

珈琲家 東上野店(最寄駅:御徒町駅)

https://matomeshi.jp/articles/376

茅場町の純喫茶「珈琲家」で修業後、暖簾わけしてできたのがここ。店主自身が大のホットケーキ好きで、研究に研究を重ねてたどりついた究極の味だ。珈琲家 東上野店[交]JR山手線御徒町駅から徒歩約5分 ※ランチタイム有

オンリー(南千住)

店主の心遣い。口直しの “サラダ付き”がうれしい

昭和45年頃オープン。粉の配合もシロップの配合も店オリジナル。「甘いものを食べ続けると口がもたれるでしょ?」と、数年前からサラダが付くようになった。

オンリー(最寄駅:南千住駅)

https://matomeshi.jp/articles/375

オンリーは昭和45年頃オープン。ホットケーキの粉の配合もシロップの配合も店オリジナル。[交]JR常磐線ほか南千住駅から徒歩約5分 ※ランチタイム有

はまの屋パーラー(有楽町)

昭和の名店のリニューアルメニューに加わったホットケーキ

昭和41年にオープン。ここの厚焼き玉子をはさんだサンドゥイッチは、知る人も多いだろう。しかし先代の高齢化により、 平成23年に閉店。その味を惜しむ声があまりにも多く、リ ニューアルオープンした。ホットケーキは、新たに加わったメニューだが、昭和レトロな店内(なんと球体の星占いマシンもある)でいただく味は、このうえなく懐かしいものだ。

はまの屋パーラー(最寄駅:有楽町駅)

https://matomeshi.jp/articles/377

昭和41年にオープンした「はまの屋パーラー」、ここの厚焼き玉子をはさんだサンドゥイッチは、知る人も多いだろう。しかし先代の高齢化により、平成23年に閉店。その味を惜しむ声があまりにも多く、リニューアルオープンした。[交]JR有楽町駅から徒歩約1分 ※ランチタイム有

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

Cafe ASAN(カフェ/御徒町)|ハンモックに揺られて、絶品スフレホットケーキ

御徒町エリアのカフェ「Cafe ASAN」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。商業施設「2k540」の一角にある。Wi-Fiや電源も備わり、パソコンを打つ人も多い。[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町2番出口から徒歩3分


カフェ香咲(珈琲店/外苑前)-自慢のコーヒーとホットケーキ!

カフェ香咲(珈琲店/外苑前)-自慢のコーヒーとホットケーキ!

外苑前の喫茶店「カフェ香咲(かさ)」のホットケーキ、コーヒーに関するグルメ取材記事と写真のページ。約7種類の豆をブレンドした自慢のコーヒーの美味しさの秘訣は、淹れたらすぐに高いところから何度か落とすエイジング。[住所]東京都渋谷区神宮前3-41-1


喫茶店 ペドラブランカ(戸越)-ホットケーキのグルメ取材記事と写真

喫茶店 ペドラブランカ(戸越)-ホットケーキのグルメ取材記事と写真

戸越にある喫茶店 ペドラブランカのホットケーキは厚さ3、4㎝の2段重ねとは何とも幸せ! トッピングはバターのみという潔さにもグッとくる。[住所]東京都品川区戸越2-8-18


マニアも唸る、オーディオセットにこだわる個性派喫茶店!(高知県四万十市)

マニアも唸る、オーディオセットにこだわる個性派喫茶店!(高知県四万十市)

土佐中村、四万十市にある『喫茶ウオッチ』は、今年で開店44年目を迎える。「こういう店が少なくなりよったけんねえ」と、店主の篠川ひとみさんが言うように、懐かしい佇まいで時を重ねる昔ながらの喫茶店である。


YAKITORI APOLLO(焼き鳥/門前仲町)|昼はカフェ、夜は焼鳥。門仲が誇る“二刀流店”

YAKITORI APOLLO(焼き鳥/門前仲町)|昼はカフェ、夜は焼鳥。門仲が誇る“二刀流店”

下町うまいもんグルメ散歩!門前仲町特集掲載店。2012年にオープン。まるで横須賀のどぶ板通りを思わせるような外観かつ内装の中で、炭火で焼く絶品の焼鳥を楽しめる。


最新の投稿


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


ランキング


>>総合人気ランキング