エリア: 東京都

殿堂入り!東京都内の極旨とんかつ四天王(とんかつ/東京都内)

殿堂入り!東京都内の極旨とんかつ四天王(とんかつ/東京都内)

人気グルメ雑誌のライター陣が厳選した極上のとんかつが味わえる殿堂入りのおすすめの4軒(東京都内)をご紹介。ジューシーな脂身のロース派も、赤身の旨みが際立つヒレ派も、必ず満足してもらえる名店ばかりです!


とんかつ 成蔵(最寄駅:高田馬場駅)

霧降高原豚の極上の旨みを 極厚カットで味わう贅沢
ヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う「シャ豚ブリアンかつ」。食パンの中心部のみで作る生パン粉をまとわせ、余熱を保つ力に優れる腸ちょうかんまく間膜脂(内臓を包む脂)のラードで低温からじわじわミディアムレアに仕上げる。サクッと白い衣は食材のこだわりと揚げ方がなせる技。軟らかく、ふくよかな赤身の甘みに悶絶必至だ。

写真:霧降高原 豚シャ豚ブリアンかつ定食 2290円 (夜は2590円)

とんかつデータ
長さ 約8cm
重さ 60g×3個、計180g
豚 栃木県産「 霧降高原豚」
油 腸間膜脂 主体のラード

東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル地下1階 ☎03-6380-3823 [営]11時~14時LO、17時半~21時LO ※ランチタイム有 [休]木・日 [席]カウンター6席、テーブル12席、計18席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分

とんかつ成蔵 (ナリクラ)

https://matomeshi.jp/articles/440

「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有


ポンチ軒(最寄駅:小川町駅)

丸ごと1本の大迫力 ヒレの奥深い味わいに感服
ロース派も唸らせる見事なヒレの1本揚げがコチラ。塊を丸ごと揚げるから肉のジューシーな旨みがギュッと閉じ込められ、中心はほんのりロゼ色を保つ。まるでローストポークのようにしっとりした軟らかさだ。素材の味を生かすため、パン粉は糖分と塩分を控えたもの。しつこくならないようあえて豚の揚げ物にはラードを使わない工夫もポンチ軒流だ

写真:特ヒレ丸ごと一本揚げ 4800円(夜のみ)

とんかつデータ
長さ 約30cm
重さ ヒレ500g
豚 主に沖縄県産「寿豚」
油 コーン油とゴマ油のブレンド

東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 ☎03-3293-2110 [営]11時15分~14時LO、17時半~21時半(20時半 LO)、月火11時15分~15時LO [休]日、第3月 [席]カウンター6席、テーブル14席、計20席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分

ポンチ軒

https://matomeshi.jp/articles/439

ロース派も唸らせる見事なヒレの1本揚げがコチラ。塊を丸ごと揚げるから肉のジューシーな旨みがギュッと閉じ込められ、中心はほんのりロゼ色を保つ。ポンチ軒[交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分 ※ランチタイム有


ぽん多本家(最寄駅:上野広小路駅)

使うのはロースの赤身部分のみ自家製ラードでコクをプラス
明治38年創業。初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案したのが伝承の味「カツレツ」だ。贅沢にも脂を取り除いたロースの芯のみを使い、その削った脂で作る自家製ラードで揚げる。そうすることで赤身と同種の豚の脂のコクが加わり、肉本来の香りと旨みが際立つのだ。その計算された味わいに思わず脱帽する。

写真:カツレツ 2700円

とんかつデータ
長さ 約17cm
重さ ロース200g
豚 産地は主に関東全域
油 自家製ラード

東京都台東区上野3-23-3 ☎03-3831-2351 [営]11時~13時45分LO、16時半~19時45分LO(日・祝の夜は16時~) [休]月(祝の場合は火休) [営]1階カウンター4席、2階テーブル席20、3階座敷個室9名、計33席 全席禁煙/予約可(4名以上)/サなし、酒類の注文時はお通し324円別 [交]地下鉄銀座線上野広小路駅から徒歩1分、JR山手線・京浜東北線 御徒町駅(南口) 徒歩2分。都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅 徒歩3分、東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩4分、東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩5分

ぽん多本家

https://matomeshi.jp/articles/438

明治38年創業「ぽん多本家」の初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案したのが伝承の味「カツレツ」だ。[交]上野広小路駅から徒歩1分、御徒町駅(南口) 徒歩2分、湯島駅 徒歩5分 ※ランチタイム有


とんかつ すぎ田(最寄駅:蔵前駅)

脂と赤身のバランスがいい 軽やかな味わいのロース
カウンター席の目の前で店主が職人技で揚げる美しいとんかつにもう目が釘付け。風味がいい腹脂のラードを使い、まずは中温で旨みを閉じ込め、次に低温でじっくり、最後に中温でカラッと3度揚げする。余分な筋などを大胆に切り落としたロースは脂の甘みが抜群。地元の名店から仕入れるパン粉はきめ細かく、上質な肉の味を存分に引き立てている。

写真:とんかつ(ロース)※ランチタイム可 2100円

とんかつデータ
長さ 約15cm
重さ ロース160g
豚 主に千葉県産
油 腹脂のラード

東京都台東区寿3-8-3 ☎03-3844-5529 [営]11時半~14時、17時~20時半(20時15分LO) [休]木(水は不定休) [席]カウンター11席、小上がり座敷10名、計21席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄大江戸線蔵前駅 A5出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

とんかつ すぎ田

https://matomeshi.jp/articles/437

おとなの週末特集「極旨とんかつ四天王」のひとつ。カウンター席の目の前で店主が職人技で揚げる美しいとんかつにもう目が釘付け。風味がいい腹脂のラードを使い、まずは中温で旨みを閉じ込め、次に低温でじっくり、最後に中温でカラッと3度揚げする。とんかつ すぎ田[交]地下鉄大江戸線蔵前駅 A5出口から徒歩3分 ※ランチタイム有



おとなの週末2016年2月号掲載情報

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物アジフライは、サクサクふんわり至福の食感!

豊洲『とんかつ八千代』の名物のアジフライに関するグルメ取材記事と写真。アジフライは厚みがあって大きいだけでなく、身がふわふわ。「脂ののった新鮮な魚のおかげだよ」というが、サクサクの軽やかな揚げ方も秀逸で、ぺろりと食べられる。[住所]東京都江東区豊洲6-6-1 豊洲市場7街区 管理施設棟3F


目黒の行列店の大ボリューム串かつ!もう、普通の串かつには戻れなくなりそう……

目黒の行列店の大ボリューム串かつ!もう、普通の串かつには戻れなくなりそう……

目黒の行列トンカツ店「とんかつ大宝」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。見よ、このボリュームを、この美しい断面を! とんかつ激戦区・目黒を代表する行列店の『とんかつ大宝』。[住所]東京都目黒区目黒1-6-15


おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

吉祥寺はとんかつ砂漠……。なんでもあるように見えて、実はとんかつが弱い……。しかも追い打ちをかけるように昨年、人気のとんかつ店『あおば』が閉店してしまったのでした。一方、なぜか牛カツの店が続々とできて、なんだかねぇ……。現状、吉祥寺でとんかつを食べる場合は、二択です。これは本当に二択しかないのです。ガチだよ、ガチ! 


稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町『気賀亭』のメンチとコロッケ!食材の持ち味を引き出すの老舗の技!

稲荷町のトンカツ店「気賀亭(きがてい)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大正7年(1918)創業で、今年で100年。こちらを訪れる人の多くが注文するメンコロのメンチとコロッケも、作り方は当時から変わらない。[住所]東京都台東区松が谷1-4-5


3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

3日間かける自家製ミートクリームは奥深~い味わい!大塚『とんかつ三節』

大塚のトンカツ店「とんかつ三節」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。洋食出身の店主・牧野節男さんの腕の見せどころが、ミートクリームコロッケ。その旨みと甘みは驚くほどの濃厚さだ。[住所]東京都豊島区南大塚1-60-16


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

おとなの週末「並んででも食べたい!立ち食いうどんの魔力」特集掲載店舗。


ランキング


>>総合人気ランキング