MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
殿堂入り!東京都内の極旨とんかつ四天王(とんかつ/東京都内)

殿堂入り!東京都内の極旨とんかつ四天王(とんかつ/東京都内)

人気グルメ雑誌のライター陣が厳選した極上のとんかつが味わえる殿堂入りのおすすめの4軒(東京都内)をご紹介。ジューシーな脂身のロース派も、赤身の旨みが際立つヒレ派も、必ず満足してもらえる名店ばかりです!

【閉店】とんかつ 成蔵(最寄駅:高田馬場駅)

霧降高原豚の極上の旨みを 極厚カットで味わう贅沢
ヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う「シャ豚ブリアンかつ」。食パンの中心部のみで作る生パン粉をまとわせ、余熱を保つ力に優れる腸ちょうかんまく間膜脂(内臓を包む脂)のラードで低温からじわじわミディアムレアに仕上げる。サクッと白い衣は食材のこだわりと揚げ方がなせる技。軟らかく、ふくよかな赤身の甘みに悶絶必至だ。

写真:霧降高原 豚シャ豚ブリアンかつ定食 2290円 (夜は2590円)

とんかつデータ
長さ 約8cm
重さ 60g×3個、計180g
豚 栃木県産「 霧降高原豚」
油 腸間膜脂 主体のラード

東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル地下1階 ☎03-6380-3823 [営]11時~14時LO、17時半~21時LO ※ランチタイム有 [休]木・日 [席]カウンター6席、テーブル12席、計18席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分


ポンチ軒(最寄駅:小川町駅)

丸ごと1本の大迫力 ヒレの奥深い味わいに感服
ロース派も唸らせる見事なヒレの1本揚げがコチラ。塊を丸ごと揚げるから肉のジューシーな旨みがギュッと閉じ込められ、中心はほんのりロゼ色を保つ。まるでローストポークのようにしっとりした軟らかさだ。素材の味を生かすため、パン粉は糖分と塩分を控えたもの。しつこくならないようあえて豚の揚げ物にはラードを使わない工夫もポンチ軒流だ

写真:特ヒレ丸ごと一本揚げ 4800円(夜のみ)

とんかつデータ
長さ 約30cm
重さ ヒレ500g
豚 主に沖縄県産「寿豚」
油 コーン油とゴマ油のブレンド

東京都千代田区神田小川町2-8扇ビル1階 ☎03-3293-2110 [営]11時15分~14時LO、17時半~21時半(20時半 LO)、月火11時15分~15時LO [休]日、第3月 [席]カウンター6席、テーブル14席、計20席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交]都営新宿線小川町駅B5出口から徒歩2分


ぽん多本家(最寄駅:上野広小路駅)

使うのはロースの赤身部分のみ自家製ラードでコクをプラス
明治38年創業。初代がウィーン風の仔牛のカツレツをヒントに日本の天ぷらの調理法で考案したのが伝承の味「カツレツ」だ。贅沢にも脂を取り除いたロースの芯のみを使い、その削った脂で作る自家製ラードで揚げる。そうすることで赤身と同種の豚の脂のコクが加わり、肉本来の香りと旨みが際立つのだ。その計算された味わいに思わず脱帽する。

写真:カツレツ 2700円

とんかつデータ
長さ 約17cm
重さ ロース200g
豚 産地は主に関東全域
油 自家製ラード

東京都台東区上野3-23-3 ☎03-3831-2351 [営]11時~13時45分LO、16時半~19時45分LO(日・祝の夜は16時~) [休]月(祝の場合は火休) [営]1階カウンター4席、2階テーブル席20、3階座敷個室9名、計33席 全席禁煙/予約可(4名以上)/サなし、酒類の注文時はお通し324円別 [交]地下鉄銀座線上野広小路駅から徒歩1分、JR山手線・京浜東北線 御徒町駅(南口) 徒歩2分。都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅 徒歩3分、東京メトロ日比谷線 仲御徒町駅 徒歩4分、東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩5分


とんかつ すぎ田(最寄駅:蔵前駅)

脂と赤身のバランスがいい 軽やかな味わいのロース
カウンター席の目の前で店主が職人技で揚げる美しいとんかつにもう目が釘付け。風味がいい腹脂のラードを使い、まずは中温で旨みを閉じ込め、次に低温でじっくり、最後に中温でカラッと3度揚げする。余分な筋などを大胆に切り落としたロースは脂の甘みが抜群。地元の名店から仕入れるパン粉はきめ細かく、上質な肉の味を存分に引き立てている。

写真:とんかつ(ロース)※ランチタイム可 2100円

とんかつデータ
長さ 約15cm
重さ ロース160g
豚 主に千葉県産
油 腹脂のラード

東京都台東区寿3-8-3 ☎03-3844-5529 [営]11時半~14時、17時~20時半(20時15分LO) [休]木(水は不定休) [席]カウンター11席、小上がり座敷10名、計21席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄大江戸線蔵前駅 A5出口から徒歩3分 ※ランチタイム有



おとなの週末2016年2月号掲載情報

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「とんかつON!パーコー麺食べある記」とんかつ好きの諸君、〈パーコー麺〉はご存知ですか? 豚バラ肉をカリッと揚げて、それをスープ麺にON! せっかくカラリと揚げたお肉をわざわざ汁にのせるその大胆さが素敵です。いざ、実食。 撮影・文/池田一郎
更新: 2019-01-14 18:30:00
【揚がるまでのつまみと酒でまたアガる「呑みカツ」はじめました。】とんかつってご飯と味噌汁と一緒に食べるものと思ってませんか。否、お酒とも非常に相性がいいのです。そこで、編集部が様々な店でとんかつを中心に一杯楽しむ“呑みカツ”をしてきました。意外とハマりますよ。 撮影/鵜澤昭彦、小澤晶子、瀧澤晃一 取材/池田一郎
更新: 2018-12-24 18:30:00
おかずの大定番としてだけでなく、酒の肴にもぴったりなのが「かつ」。サックとした衣はビールを呼び、口中に溢れる肉汁は焼酎やワインにもぴったり。絶品「とんかつ」、「カツ」で呑める東京都内の秀逸店を集めてみました!
更新: 2018-09-28 13:10:53
極上店を探すべく、とんかつを食べ歩いた編集武内(以下武)とライター飯田(以下飯)。イイ店を見つける一方、ハズレの店も……。ここで今回の調査を振り返りつつ、総括します。
更新: 2017-10-30 18:09:08
とんかつを彩るキャベツ、味噌汁、ソースのお話。惣菜の中でもトップクラスの人気を誇るとんかつ。しかし、とんかつだけではなんだか心もとない。脇役があってこそのとんかつなのです。
更新: 2017-12-20 15:47:49
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt