MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨 石島|今日のランチはココ!芸術的な美しさに感激至福のランチ寿司(寿司/新富町)

鮨 石島|今日のランチはココ!芸術的な美しさに感激至福のランチ寿司(寿司/新富町)

夜はコース2万円~の高級店。それが昼は1500円でいただけるとあり、ピーク時は行列ができる人気店だ。鮨 石島[交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

鮨 石島(最寄駅:新富町駅)

「にぎり」(1500円)は赤身や〆鯖、穴子など9貫に玉子、お椀が付く。ネタは厳選した天然もののみを扱い、シャリにはまろやかなコクのある赤酢を使用。店主・石島さんの鮮やかな手並みで、1貫ずつテンポよく供されるにぎりが美しい。口に運ぶとはらりとほどけ、それぞれのネタの香りや旨みが広がり、幸せな余韻に浸れること請け合いだ。 同じネタを使い、宝石箱さながらの豊かな彩りが映える「ばらちらし」(1500円)も見事。昼は「おまかせ寿司」(4000円~)のみ予約が可能だ。

にぎり
1500円

スッキリした旨みのマグロ赤身、むっちりした歯応えの真イカ、さっぱり味のだし(キュウリなどの野菜を細かく刻み、調味料と和えた山形県の郷土料理)の軍艦など。ネタは仕入れにより異なる

ばらちらし
1500円

イワシやホタテ、おろしたてのマグロ中落ちなど、その日の「にぎり」と同じネタを使用したばらちらしは、彩り鮮やかでボリュームたっぷり

サヨリ昆布〆
650円

取材時は佐島産のサヨリを使用。細長い身に細かく包丁をあて、くるりと巻いて仕上げる。旨みが凝縮し、思わず酒をねだる味わいだ

鮨 石島

東京都中央区銀座1-24-3 ☎03-6228-6539 [営]11時半~14時、18時~23時(22時半LO)、土17時半~22時半 [休]日・祝 [席]1階カウンター10席、2階(夜のみ)座敷6席 計16席/全席禁煙/夜のみカード可/予約可(昼は「おまかせ寿司」4000円〜のみ)/サなし [交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分

電話番号 03-6228-6539
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
最新の投稿
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt