MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨 石島|今日のランチはココ!芸術的な美しさに感激至福のランチ寿司(寿司/新富町)

鮨 石島|今日のランチはココ!芸術的な美しさに感激至福のランチ寿司(寿司/新富町)

夜はコース2万円~の高級店。それが昼は1500円でいただけるとあり、ピーク時は行列ができる人気店だ。鮨 石島[交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

鮨 石島(最寄駅:新富町駅)

「にぎり」(1500円)は赤身や〆鯖、穴子など9貫に玉子、お椀が付く。ネタは厳選した天然もののみを扱い、シャリにはまろやかなコクのある赤酢を使用。店主・石島さんの鮮やかな手並みで、1貫ずつテンポよく供されるにぎりが美しい。口に運ぶとはらりとほどけ、それぞれのネタの香りや旨みが広がり、幸せな余韻に浸れること請け合いだ。 同じネタを使い、宝石箱さながらの豊かな彩りが映える「ばらちらし」(1500円)も見事。昼は「おまかせ寿司」(4000円~)のみ予約が可能だ。

にぎり
1500円

スッキリした旨みのマグロ赤身、むっちりした歯応えの真イカ、さっぱり味のだし(キュウリなどの野菜を細かく刻み、調味料と和えた山形県の郷土料理)の軍艦など。ネタは仕入れにより異なる

ばらちらし
1500円

イワシやホタテ、おろしたてのマグロ中落ちなど、その日の「にぎり」と同じネタを使用したばらちらしは、彩り鮮やかでボリュームたっぷり

サヨリ昆布〆
650円

取材時は佐島産のサヨリを使用。細長い身に細かく包丁をあて、くるりと巻いて仕上げる。旨みが凝縮し、思わず酒をねだる味わいだ

鮨 石島

東京都中央区銀座1-24-3 ☎03-6228-6539 [営]11時半~14時、18時~23時(22時半LO)、土17時半~22時半 [休]日・祝 [席]1階カウンター10席、2階(夜のみ)座敷6席 計16席/全席禁煙/夜のみカード可/予約可(昼は「おまかせ寿司」4000円〜のみ)/サなし [交]地下鉄有楽町線新富町駅2番出口から徒歩4分

電話番号 03-6228-6539
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
440views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt