MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
観光特急しまかぜ|快適な座席と地元の食材を使った料理がお出迎え(レストラン/伊勢志摩)

観光特急しまかぜ|快適な座席と地元の食材を使った料理がお出迎え(レストラン/伊勢志摩)

今年サミットで賑わいを見せた伊勢志摩へ向かう観光特急しまかぜ。従来の大阪難波駅発と近鉄名古屋駅発に加えて、2014年からは京都駅からも賢島駅に向けて走り始めた。

近畿日本鉄道 観光特急しまかぜ(最寄駅:大阪難波駅-賢島駅)

この列車の魅力は、ゆったりと座り心地の良いプレミアムシート。3列の配置の本皮シートには電動リクライニング機能まで付くというから驚きだ。これで通常特急料金+1000円程度というのだから、乗らなくてはソンという気にさせてくれる。 もちろんグルメも充実。カフェ車両は、景色の良い2階席と落ち着いて座れる1階席があり、エビがどーんと乗った海の幸ピラフ、列車が通る松阪からは松阪牛カレー、さらに三重または愛知産のうなぎを使ったうな重までそろう。伊勢志摩への旅の第一歩を楽しませてくれる魅力あふれる列車だ。

海の幸ピラフ、(奥)松阪牛カレー(いずれもペットボトルのミネラルウォーター310ml付)
1340円、(奥)1340円

カフェ車両で頂ける人気のメニュー。具だくさんの海の幸ピラフ、松阪牛のコクと旨みが味わえるカレーは絶品

地ビールやワイン、日本酒なども揃う

近畿日本鉄道 観光特急しまかぜ

[予]近鉄HP(インターネット予約・発売サービス)、近鉄主要駅の特急券発売窓口、主要旅行会社にて1ヶ月前の10時半より発売 [問]近鉄旅客案内テレフォンセンター ☎06-6771-3105(大阪)、☎052-561-1604(名古屋)

2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
224views 脱メタボ
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt