MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
神楽坂 鮨 りん(寿司/飯田橋)|絶品ばらちらしのグルメ記事と写真

神楽坂 鮨 りん(寿司/飯田橋)|絶品ばらちらしのグルメ記事と写真

「神楽坂 鮨 りん」の「ばらちらし」はランチでしか食べられない「絶品ばらちらし」。シャリは、新潟県南魚沼産コシヒカリに赤酢と白酢をバランスよく合わせたもの。マグロやイクラをはじめ、タコ、イワシ、貝類など15種類の具がのり、華やかで美しい。[交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

神楽坂 鮨 りん(最寄駅:飯田橋駅)

づけとイクラがメイン見目麗しいばらちらし

 路地裏に建つビルの2階に佇む江戸前寿司店。「ばらちらし」(1800円)に使うシャリは、新潟県南魚沼産コシヒカリに赤酢と白酢をバランスよく合わせたもの。砂糖を一切加えず、キリッと引き締まった味わいのシャリに、マグロやイクラをはじめ、タコ、イワシ、貝類など15種類の具がのり、華やかで美しい。ランチは他に「おまかせにぎり」(5000円)があり、11貫のにぎりが1貫ずつ供され、巻き物1本とお椀が付く。

ばらちらし
1800円

づけや玉子などが細かく刻まれているので、好みでわさびを散らしたら、スプーンで召し上がれ。ばらちらしには漬け物とお椀が付く。ネタは仕入れにより異なる

神楽坂 鮨 りんの店舗情報

東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂三丁目テラス2階 [TEL]03-5228-4200 [営]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時半(22時LO) [休]日、祝の月 [交]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5228-4200
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
こんなネタケース見たことない。定番、高級魚、京野菜と端から端まで美味の宝庫。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt