エリア: 列車の旅

のと里山里海号|眺めは最高! 地酒片手にのんびりと(レストラン/和倉温泉・石川)

のと里山里海号|眺めは最高! 地酒片手にのんびりと(レストラン/和倉温泉・石川)

穴水駅から和倉温泉駅を経て七尾駅へ。七尾湾沿いに走る距離はわずか33㎞ほどなのだが、所要時間は1時間。


のと鉄道 のと里山里海号(最寄駅:七尾駅-和倉温泉駅-穴水駅)

のんびり走るだけでなく、立ち止まってはアテンダントのガイドが始まる。里に海に随所で和む、絶景ビューポイントの多さが魅力のローカル観光路線となっている。

ほろ酔いプラン 3500円(土曜のみ下り1本)

田畑がエメラルドグリーンの海に迫る深浦漁港も停車ポイントの一つ。ノドグロのかまぼこを肴に地酒を飲み比べ

のと鉄道 のと里山里海号

[予][問]のと鉄道のHPからWEB予約(5日前まで)またはのと鉄道観光列車予約センター☎0768-52-2300(受付時間10時~17時)

電話番号 0768-52-2300
2016年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


笹新(居酒屋/人形町)|古さと新しさが織りなす絶妙な居心地の良さに酔う

笹新(居酒屋/人形町)|古さと新しさが織りなす絶妙な居心地の良さに酔う

今年で創業46年。経営母体は隣で100年以上営む酒販店だ。


赤津加(居酒屋/秋葉原)|ずーっと飲んでいたい!昭和の雰囲気に酔える店

赤津加(居酒屋/秋葉原)|ずーっと飲んでいたい!昭和の雰囲気に酔える店

秋葉原の喧噪を抜け、目指すは粋な黒塀。そこだけ時が止まったかのような昭和の風が吹く店、それが『赤津加』だ。


あめつち(居酒屋/学芸大学)|素朴でじんわり旨い料理でしみじみう~むな一杯

あめつち(居酒屋/学芸大学)|素朴でじんわり旨い料理でしみじみう~むな一杯

蕗味噌のほろ苦さに季節を感じ、揚げのこんがり具合にうーむと唸る。ここに穏やかな会津娘を燗酒で合わせたときにはもう、ほっと肩の力が抜けてたまらんのですよ。


釜竹(うどん/根津)|日差しを浴びつつ一献香り高きうどんで〆る

釜竹(うどん/根津)|日差しを浴びつつ一献香り高きうどんで〆る

 都心とは思えないほど広々とした庭を望む店内。そんな贅沢な空間でいただくのが、うどんと四季折々の味を盛り込んだ酒肴だ。


成田酒店|昭和元年創業千住文化を広める酒屋(酒店/北千住)

成田酒店|昭和元年創業千住文化を広める酒屋(酒店/北千住)

 ベルギービールなど多種揃うが、特に強いのは日本酒。店舗の奥には火入れ専用の酒保冷室があり、徹底した温度管理を行う。


最新の投稿


タフィア(バー/西麻布)|モヒート&コロンボでカリブな夜を過ごせます!

タフィア(バー/西麻布)|モヒート&コロンボでカリブな夜を過ごせます!

カリブ産のラム酒を専門に扱うバーで、かれこれ10年通っている大好きな店。ここに来たら、まずはモヒートを注文。甘ったるいモヒートが多い中、ここの一杯は爽やか&ドライな味わいで実に旨い。


料理との相性にこだわる、レモンサワーの進化したうまさ!(東京都内)

料理との相性にこだわる、レモンサワーの進化したうまさ!(東京都内)

そもそもレモンサワーは、程よい酸味と炭酸の軽やかな口当たりで、ジャンルを問わずあらゆる料理に合うことで知られているが、さらに一歩に踏み込んで、“うちの料理に合うレモンサワー”を提供している店がある。


ホルモンBarおかだ(ホルモン/大正)|牛の生ホルモンを堂々と食べられるこの喜び!

ホルモンBarおかだ(ホルモン/大正)|牛の生ホルモンを堂々と食べられるこの喜び!

精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。


たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。|茶琥屋(たこ焼き/福島)

たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。|茶琥屋(たこ焼き/福島)

たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。この店もそのひとつだ。タコの旨みが生地に染み込みジュワッと旨い!


心斎橋 カラッと(串カツ/心斎橋)|サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てる

心斎橋 カラッと(串カツ/心斎橋)|サクッ!フワッ!魔法の衣が素材を引き立てる

にぎやかな心斎橋筋商店街を少しそれて、暗い路地裏を入ったところにあるのがこちら。築100年の蔵を改装した店内は趣き深く、大阪一の繁華街にあることを忘れてしまうほど。


ランキング


>>総合人気ランキング