MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

桜木町駅から地下通路を抜けて広がるは、酒呑み垂涎の野毛小路や柳通り。新しい店が増えてはいるが、昭和生まれの店もまだまだ元気。はしご酒に最適な街で良店を見つけました。

それぞれの個性がキラリと光る老舗酒場

 昔ながらの店が数多く立ち並ぶ野毛は、昭和の酒場を語る上でハズせない土地でしょう。なかでも、『鳥芳』は指折りの古株だ。10席ほどの狭い店内はお客でギッチギチ。肩が触れ合うような、というか肩がぶつかりまくってるこの狭苦しさが不思議と心地良くもある。

菜「なんだろ、このお客さん同士の一体感」

 常連さんは常連さんで、我らのような一見にも親切にしてくれるし、新たな客が来たとみれば、「オレ、帰るわ」と席を立つ。

戎「将来ああいうカッコいい酒飲みになりたいッス」

 修業を積みなさい、修業を。串焼きをはじめとしたつまみもいいが、客もいい。粋な酒場なのだ。


鳥芳|貝や魚の海鮮串も揃う老舗

写真:牛なんばん焼 1本200円、トマト巻 1本200円、つくね 1本150円

昭和34年に創業。古い店が立ち並ぶこの界隈でも指折りの老舗だ。看板を張るのは炭火で焼き上げる串焼きで、肉類のみならず、アサリや牡蠣などの貝類、はたまたマグロや銀ダラなど、新鮮な魚介を使った串も豊富に揃えている。人気は「牛なんばん焼」。黒毛和牛のバラ肉を醤油ベースの自家製ダレに漬け込み旨みを凝縮。炙れば香ばしさがあふれ出してくる。L字型のカウンターのみの5坪に満たない店内は、口開けから賑わっている。





『栄屋酒場』も最古参の1軒。

戎「この雰囲気、もはや文化財ものですね」

 よくありがちな、作り込まれた“昭和レトロ”ではなく、正真正銘はオーラが違う。店の“味”ばかりでなく、料理の味もかなりのもので、鯨の刺身や、穴子の天ぷらなど、魚介系の質がとにかく高い。

菜「美味しいものをお客さんに食べさせたいっていう、心意気が伝わってくる店だよね」


栄屋酒場|古き良き酒場の風情をそのまま残す

写真:鯨さしみ 750円

昭和23年創業。店主自ら市場で仕入れる新鮮な魚介を使ったつまみが豊富で、刺身や揚げ物など、どれもボリューム満点だ。創業当時の面影を色濃く残す店内の雰囲気も味わい深い。





 さて、とある冷たい雨の降る平日。飲食店にとってサイアクな日にも関わらず、開店前から客が並んでいたのが焼き鳥の『末広』だ。メニューは冷やしトマト以外は串のみ。〆もない。

菜「その潔さに惚れた!」
 
 真っ向勝負の焼き鳥は、身の締まりもさることながら、火の入れ具合もカンペキ。

戎「職人技ですなあ」

 ここでは日本酒を「たぬき」と呼ぶ。たぬきの意匠の酒器で出てくるからだ。

菜「他を抜く“他抜き”ってことなのかな? 縁起がいいね」

 こういう遊び心にも、老舗の余裕ってものを感じる。


末広|焼き鳥にトコトンこだわる行列店

写真:ねぎ肉 1本180円

野毛でも指折りの人気店で、平日でも開店前から客が並ぶ。つまみは、冷やしトマト以外は、焼き鳥と野菜焼きの串モノのみという潔さ。焼き鳥はほぐさず、かぶりつくのがルールだ。





『福田フライ』は、揚げ物専門の立ち飲みだ。ここの“辛いソース”は鬼門。超ド級のニンニク味なのだ。

菜「ゼッタイ明日まで匂うけど、超ウマい! 止められない」

 翌日仕事だったら、ヒンシュクものだろうが、この日は金曜日。お客は皆さんガッツリいっちゃってます。揚げ物、ニンニク、そして酒。背徳感を刺激する組み合わせが蜜の味なのだ。


福田フライ|衝撃のニンニクたっぷり“辛いソース”

写真:串かつ 150円など

立ち飲みの揚げ物専門店。メニューには、写真の串かつ(150円)をはじめ、海鮮系、野菜系などがある。ソースは2種類から選べ、“辛いソース”はニンニクがガツンときいたパンチのある味わい。サックリと食感良く揚がった衣の香ばしさもたまらない。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
人気グルメ雑誌のライターが実際に食べ歩いて見つけた有楽町の絶品ランチを厳選してご紹介!安くて美味しいコスパ抜群のお店や土日営業のお店、お洒落なお店などシーンに合わせてご利用いただけますので、ぜひご利用ください。
飲食店がひしめく渋谷駅周辺で、本当に美味しい焼き鳥が食べたい時にぜひ訪れてほしいお店を、厳選してご紹介!安いことが魅力なところ、おしゃれでデートにもぴったりのところ、こだわりの鶏肉を使っているところなど、各店こだわり満載です!
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
308views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt