旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

もつ焼きの名店が揃う立石は、街のそこかしこで香ばしいタレがふわ〜っと立ち込めます。その匂いに誘われて入ること、十数軒。酒呑みの聖地で出合った絶品の店をご紹介します。


うっかり撃沈した “ボール”とは一体?

とある日、京成立石駅に降り立ったのは、ライター・菜々山いく子(以下菜)と編集・戎誠輝(以下戎)。



菜:「電車を降りた瞬間に、香ばしい匂いがするんだけど」



さすが、もつ焼きの聖地と言われるだけのことはある。さっそく向かったのが『宇ち多゛ 』だ。



午後2時の時点で満席の店内には、「カシラ、ワカヤキ、スヤキ、オス」、「アブラスクナイトコ、タレ、ヨクヤキ」など、『ラーメン二郎』よりも難解な“呪文”が飛び交っている。常連さんの助けを借りつつ、なんとか注文したもつ焼きは、都内最高峰とも言える美味しさ。



焼酎ストレートの梅シロップ割りという、この店定番の酒がグイグイ進む。


宇ち多゛

難解ルールを攻略して味わう絶品串
開店の1時間ほど前から並び始め、閉店まで客足は途切れることはない。もつ焼きの注文方法には、独自のルールがあるので、常連に教えを請おう。

シンキ200円、焼酎梅割り&ブドウ割り各200円

宇ち多゛

https://matomeshi.jp/articles/384

東京都葛飾区立石1-18-8 ☎03-3697-5738 [営]14時〜19時前頃、土曜は準備が出来次第、12時前頃〜14時前頃(無くなり次第終了) [休]日・祝





ホロ酔いでハシゴしたのが『江戸っ子』だ。カウンターのあちこちから飛び交うのは「ボール!」という、これたまナゾのコトバ。

戎「どうやらオリジナルのハイボールのことみたいです」

炭酸がきいていて飲み口爽やか。こってりとして、旨み濃厚なコチラのもつ焼きに、とんでもなく合っている。

戎「コレ、軽いですよね。いくらでもイケる! オカワリ〜」

菜「オトナの清涼飲料水だよね、アハハ〜」

この飲みやすさこそ鬼門ということに、すでに酔っぱらっている我らが気づくハズもなく、あっと言う間に戎氏撃沈。私も午後6時以降の記憶がほぼない。飲み過ぎたんじゃない。立石という土地が生み出す魔力に引き込まれただけなんだ!


江戸っ子

新鮮なもつを“ボール”と一緒にとことん堪能
開店直後には満席となる超人気店。市場から仕入れる新鮮なもつを使用し、その日のうちに使い切るのがこだわりだ。焼き物は1串のボリュームも満点。1皿4串が基本だが、2種類を組み合わせるのも可。辛タレ、甘タレ、塩味から好みの味で焼き上げてくれる。それに合わせるのは通称「ボール」と呼ばれる焼酎をベースにしたオリジナルのハイボール。すっきりとした飲み口で、もつの脂をサラリと流してくれる。

レバ+カシラ 360円

江戸っ子

https://matomeshi.jp/articles/381

東京都葛飾区立石7-1-9 ☎03-3694-9593 [営]16時〜21時(20時半LO) [休]日(月が祝の場合は翌火曜まで休)(年末休12/31〜1/6or7) [席]カウンター41席、テーブル4席×1卓 計45席/禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし [交]京成押上線京成立石駅北口から徒歩1分





 そうして、準備万端で向かったのが『もつ焼き三平』だ。入り口には、「アルコールの入っている方の入店お断りします」と張り紙がある。さっき、ビール飲もうかと思ったけど、止めといてよかった。立石では、こういった「飲んでいる方お断り」の店がチラホラあるので、ハシゴする際は注意されたし。

 さて、こちらではもつの種類に「キンツル」という他の店ではあまりお目にかからない部位がある。訊けば豚の喉の部位だとか。菜「弾力があって、超ジューシー! もつのなかでいちばんスキかも」

 ドリンクは焼酎ハイボールだ。梅シロップをちょろっと入れるのがこの店のスタイル。爽やかな風味がついて飲み飽きない。

戎「他のもつ焼きの店と違って一品料理もかなり豊富ですね」

 常連さんには、刺身とロールキャベツが、ことのほか人気のようだ。前述した『宇ち多゛ 』、『江戸っ子』の2強に比べると、知名度は低いが、勝るとも劣らない実力店を発見したのです。

もつ焼き三平

創業以来変わらぬタレで新鮮なもつを
現在の店主である望月昌さんの両親が、58年前に創業した。その日の朝しめたばかりの新鮮なもつを使用し、炭火で焼き上げる串はクセがなく豊かな風味たっぷり。創業以来継ぎ足す奥深いタレは、味を変えないことが先代との約束だ。調味料とともにテーブルに置かれているのが梅シロップ。焼酎ハイボールにたらしていただくのが常連オススメの飲み方だ。アルコールが入っていると入店お断りなので、1軒目で足を運びたい。

白、キンツル 1本86円

もつ焼き三平

https://matomeshi.jp/articles/382

東京都葛飾区立石4-27-16 ☎03-3691-5077 [営]17時〜21時(もつ焼きが無くなり次第終了) [休]日・祝(年末休12/29〜1/5) [席]カウンター11席 小上がり3席×1卓、4席×4卓、6席×2卓 計42席/禁煙席なし/カード不可/土曜以外は予約可/サなし、お通し代216円別 [交]京成押上線京成立石駅北口から徒歩2分


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

横丁・立ち飲みなんでもござれのパラダイス!炭焼きのモクモクと漂う煙に、酔客の弾む声。平成の今でも昭和感が漂うガード下ですが、近頃は作られた”昭和レトロ”の酒場も増えています。そんななか、昔ながらの横丁や立ち飲み店を有する神田を巡りました。


神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。


昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。


神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。大将ひとりで切り盛りする老舗の寿司店。


大阪ミナミで関東スタイルの焼きとん!注目を集めて人気店に!|もつ焼 のんき(串焼き/心斎橋)

大阪ミナミで関東スタイルの焼きとん!注目を集めて人気店に!|もつ焼 のんき(串焼き/心斎橋)

2016年4月5日にオープンした新宿区四ツ谷に本店を構える『もつ焼き のんき』ののれん分け店。本店同様「しろたれ」(194円)が名物だ。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング