焼ジビエ 罠 炭打 中目黒|香ばしい炭火焼きと豪快な一升瓶ワインで至福のときを(和食/中目黒)

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒|香ばしい炭火焼きと豪快な一升瓶ワインで至福のときを(和食/中目黒)

七輪でジビエを気軽に焼くスタイルが評判の『罠』5店舗目として7月22日にオープン。全国から仕入れる質の高いジビエは徹底した下処理がなされ、野趣溢れる味はそのまま、臭みやイヤな後味がない驚きの美味しさだ。


焼ジビエ 罠 炭打 中目黒(最寄駅:中目黒駅)

おすすめは、それぞれ日替わりで3種類の肉を盛り合せた天然鹿と猪のセット。七輪で両面をしっかり炙ってパクリとやれば、旨みが凝縮した肉の味と香ばしさに悩殺される。ワインは一升瓶の量り売りの他、自然派ワインが各種揃う(ボトル3500円~)。

天然鹿セット、天然猪セット 各1129円

取材時の猪はバラ肉、ロース、肩ロース(手前の皿)、鹿はバラ、ロース、モモ。部位に合わせて塩、味噌、醤油で味付けされる

煮込 480円

煮込みはプリプリの和牛モツが秀逸。

猪豚スペアリブ 850円

約150gの塊肉を焼くスペアリブは黒酢のタレが猪豚の肉の旨みを際立たせる

しうまい 480円

ほぼつなぎを使わずに仕上げた肉々しいシュウマイ。猪のミンチがたっぷり入り、歯応え十分

村民還元(赤) グラス500円、ハーフ1200円、ボトル2300円

山形県鶴岡市朝日地区産ヤマソービニオン主体で造られたワイン。果実味に溢れ、酸味のバランスもいいミディアムボディの赤は、肉料理との相性が抜群。炭火で炙った香ばしいジビエの焼き肉にも合う。

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒

東京都目黒区上目黒3-8-3 千陽中目黒ビル1階 ☎03-5720-1199 [営]17時~翌2時、祝前日15時~翌2時、日・祝15時~23時、月17時~23時半 [休]不定 [席]カウンター16席、テーブル5席×1卓、6席×1卓、テラス4席×4卓 計43席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交]地下鉄日比谷線中目黒駅西口から徒歩1分

電話番号 03-5720-1199
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

 2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。


中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

中目黒でランチならここ!おすすめ中目黒ランチ8店

人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして見つけた、ご当地蕎麦や、懐かしいハンバーグ、コスパ抜群のピザなど、中目黒駅から徒歩10分以内でおすすめの中目黒ランチを厳選してご紹介!


ワインと絶妙に合うとんかつは絶品!春日でぜひハマるべし!

ワインと絶妙に合うとんかつは絶品!春日でぜひハマるべし!

『洋食・ワイン フリッツ』の店名の『フリッツ』はフランス語の揚げ物フリットの複数形。その名の通りサクッと揚がった揚げ物が絶品な洋食屋さんにして、夜の黒板メニューにはフレンチベースのお惣菜も加わりワインと楽しめる。[住所]東京都文京区小石川2-25-16[TEL]03-3830-0235


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング