MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
焼ジビエ 罠 炭打 中目黒|香ばしい炭火焼きと豪快な一升瓶ワインで至福のときを(和食/中目黒)

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒|香ばしい炭火焼きと豪快な一升瓶ワインで至福のときを(和食/中目黒)

七輪でジビエを気軽に焼くスタイルが評判の『罠』5店舗目として7月22日にオープン。全国から仕入れる質の高いジビエは徹底した下処理がなされ、野趣溢れる味はそのまま、臭みやイヤな後味がない驚きの美味しさだ。

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒(最寄駅:中目黒駅)

おすすめは、それぞれ日替わりで3種類の肉を盛り合せた天然鹿と猪のセット。七輪で両面をしっかり炙ってパクリとやれば、旨みが凝縮した肉の味と香ばしさに悩殺される。ワインは一升瓶の量り売りの他、自然派ワインが各種揃う(ボトル3500円~)。

天然鹿セット、天然猪セット
各1129円

取材時の猪はバラ肉、ロース、肩ロース(手前の皿)、鹿はバラ、ロース、モモ。部位に合わせて塩、味噌、醤油で味付けされる

煮込
480円

煮込みはプリプリの和牛モツが秀逸。

猪豚スペアリブ
850円

約150gの塊肉を焼くスペアリブは黒酢のタレが猪豚の肉の旨みを際立たせる

しうまい
480円

ほぼつなぎを使わずに仕上げた肉々しいシュウマイ。猪のミンチがたっぷり入り、歯応え十分

村民還元(赤)
グラス500円、ハーフ1200円、ボトル2300円

山形県鶴岡市朝日地区産ヤマソービニオン主体で造られたワイン。果実味に溢れ、酸味のバランスもいいミディアムボディの赤は、肉料理との相性が抜群。炭火で炙った香ばしいジビエの焼き肉にも合う。

焼ジビエ 罠 炭打 中目黒

東京都目黒区上目黒3-8-3 千陽中目黒ビル1階 ☎03-5720-1199 [営]17時~翌2時、祝前日15時~翌2時、日・祝15時~23時、月17時~23時半 [休]不定 [席]カウンター16席、テーブル5席×1卓、6席×1卓、テラス4席×4卓 計43席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交]地下鉄日比谷線中目黒駅西口から徒歩1分

電話番号 03-5720-1199
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt