MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
熱帯音楽酒場Los Barbados(アフリカ料理/渋谷)|アフリカやアラブ諸国の料理と、コンゴ音楽を目当てに人が集う

熱帯音楽酒場Los Barbados(アフリカ料理/渋谷)|アフリカやアラブ諸国の料理と、コンゴ音楽を目当てに人が集う

「ロス・バルバドス」はコンゴ共和国の音楽に魅せられ、何度も足を運んだ店主が腕を振るう。料理はアフリカ大陸の各地域に加え、アラブなど周辺関係諸国の味が混合された、クレオール料理ともいえる珍しい美味が揃う。アルコールも豊富。[アクセス]JR渋谷駅徒歩8分 ※ランチタイム有

熱帯音楽酒場Los Barbados(最寄駅:渋谷駅)

コンゴ共和国の音楽に魅せられ、何度も足を運んだ店主が腕を振るう。料理はアフリカ大陸の各地域に加え、アラブなど周辺関係諸国の味が混合された、クレオール料理ともいえる珍しい美味が揃う。アルコールも豊富。

ヴェジタリアン・マッツァ(R)
1250円

(右)「ヴェジタリアン・マッツァ(R)」と、鶏が柔らかな「プーレ・ヤッサ(フフ付)」。

プーレ・ヤッサ(フフ付)
1250円

熱帯音楽酒場Los Barbados 

東京都渋谷区宇田川町41-26パピエビル1階 ☎03-3496-7157 [営]12時~15時(14時半LO)、18時~22時(21時LO) [休]日、月・祝は不定休 [席]8席 [交]JR渋谷駅徒歩8分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3496-7157
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
[キャラヴァン・サライ包] おすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。牛でも豚でもなく、羊肉でないと満たされない夜がある。その欲望を忠実に満たしてくれるのが、こちらのアフガニスタン料理。
更新: 2018-09-17 11:21:12
日本とジャマイカ、メキシコ、さらにアメリカで磨いた腕で勝負。本場仕込みのジャークチキン、テクスメクス風味でオリジナルのケイジャンチキンが名物。
更新: 2018-09-29 13:32:35
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt