MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おでん割烹ひで(渋谷 神泉/おでん)

おでん割烹ひで(渋谷 神泉/おでん)

渋谷 神泉のおでん店「おでん割烹ひで」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。花街に育てられた粋な味わいのおでん店「おでん割烹ひで」が創業したのは、円山町がまだ花街として栄えていた頃。旦那衆が常連で、通りも賑やかだったという。[アクセス]京王井の頭線 神泉駅から徒歩2分

おでん割烹ひで(最寄駅:神泉駅)

昆布と鰹のダシをベースに塩で味付けされたおでんは、花柳界の人たちにも愛された。おでんや酒肴を堪能しつつ、お座敷遊びができるコースもある。

大根
216円

空豆
108円

椎茸チキン
324円

牛すじ
324円

おでん
108円~540円

おでん割烹ひで

東京都渋谷区円山町15-5 ☎03-3461-1701 [営]17時~23時(座敷~22時)、土~22時(座敷~21時) [休]日・祝、8月の土 ※お盆休みは8月13日~16日

電話番号 03-34
61-1701
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やさしい味わいに心が和らぎ、気持ちがほっこり。そんなおでんのダシには、旨みの強い羅臼と日高の2種類の昆布を使い、カツオ節はしっかりと味が出るものを時期や産地で厳選。
黒はんぺんやさんかく、ふわ。魚粉をしっかりかけて食べるのが旨い静岡おでん。
京橋駅周辺をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめおでん。おでんが恋しいこの季節。ならば黄金色のつゆが美しいこの店はいかが。
小さなコの字カウンターの真ん中には、京風のうすいおダシのおでん鍋。生のりやハモのさつま揚げなど、季節のおでん種も充実。
「志乃ぶ 」は早稲田の学生やOBに愛される老舗の京風おでん屋さん。[交] 早稲田駅すぐ
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt