MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。回転寿しトリトン[交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通 東京ソラマチ 6F ※ランチタイム有

回転寿しトリトン(最寄駅:押上駅)

 北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。「北海道には漁港がたくさんあり、時期や場所によって異なる、多くの美味しい魚に出合えます」と言うのは店長の前さん。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。「たこの子」(206円)や「北海たこ頭」(162円)のような、地元でしか食べられなかった珍しいネタも豊富に揃う。特に美味しさに定評があるカニ類と貝類には、舌鼓を打ちたい。

でっかいボタンエビ
681円

「たこの子」はコクのある味わい。名物の「でっかいボタンエビ」は、濃厚な頭の味噌の部分も軍艦で楽しめる。カニの食べ比べは四季を通じてあるが、時期により毛ガニやタラバガニなど、入荷次第で変わる

三種盛り(新物いくら、極上甘えび、旬さんま)
465円

花咲・ずわい 食べ比べ軍艦(ずわいむき身と味噌、花咲かにのむき身)
465円

たこの子
206円

北の勝(300mℓ)
1038円

いももち
141円

 甘辛いタレにバターの香りが広がる人気の品。揚げ時間が少しかかるので、最初に注文する客も

ほたての味噌汁
346円

 ホタテの稚貝の旨みが濃縮された逸品。汁ものは日替わりで貝類とカニ汁など2〜3種類を用意

回転寿しトリトン

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチイーストヤード6階 ☎03-5637-7716 [営]11時〜23時(21時45分最終入店) [休]無休 [席]カウンター24席、6席×8卓 計72席/全席禁煙/カード可/予約不可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通

電話番号 03-5637-7716
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
駅至近の一等地にありながら、驚異のコスパをたたき出すのが平日昼限定のこの一杯。マグロやホタテ、鯛にアジなど白身や青物、貝類をバランスよくのせている。
更新: 2019-01-15 12:00:00
若き店主・尾嶋さんは、31歳で独立後、名店ひしめく銀座で7年間暖簾を守ってきた。夜は、肴と握りを織り交ぜたおまかせコースのみで、煮る、〆るといった伝統的な仕事に加え、懐石で腕を磨いた経験からくる繊細な和食の技も随所に光る。
更新: 2019-01-13 18:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt