MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。回転寿しトリトン[交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通 東京ソラマチ 6F ※ランチタイム有

回転寿しトリトン(最寄駅:押上駅)

 北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。「北海道には漁港がたくさんあり、時期や場所によって異なる、多くの美味しい魚に出合えます」と言うのは店長の前さん。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。「たこの子」(206円)や「北海たこ頭」(162円)のような、地元でしか食べられなかった珍しいネタも豊富に揃う。特に美味しさに定評があるカニ類と貝類には、舌鼓を打ちたい。

でっかいボタンエビ
681円

「たこの子」はコクのある味わい。名物の「でっかいボタンエビ」は、濃厚な頭の味噌の部分も軍艦で楽しめる。カニの食べ比べは四季を通じてあるが、時期により毛ガニやタラバガニなど、入荷次第で変わる

三種盛り(新物いくら、極上甘えび、旬さんま)
465円

花咲・ずわい 食べ比べ軍艦(ずわいむき身と味噌、花咲かにのむき身)
465円

たこの子
206円

北の勝(300mℓ)
1038円

いももち
141円

 甘辛いタレにバターの香りが広がる人気の品。揚げ時間が少しかかるので、最初に注文する客も

ほたての味噌汁
346円

 ホタテの稚貝の旨みが濃縮された逸品。汁ものは日替わりで貝類とカニ汁など2〜3種類を用意

回転寿しトリトン

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチイーストヤード6階 ☎03-5637-7716 [営]11時〜23時(21時45分最終入店) [休]無休 [席]カウンター24席、6席×8卓 計72席/全席禁煙/カード可/予約不可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通

電話番号 03-5637-7716
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt