MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

回転寿しトリトン|活気あふれる店で、北海道の味覚を堪能(回転寿司/東京ソラマチ)

北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。回転寿しトリトン[交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通 東京ソラマチ 6F ※ランチタイム有

回転寿しトリトン(最寄駅:押上駅)

 北海道から直送される“旬”を味わえる回転寿司店。「北海道には漁港がたくさんあり、時期や場所によって異なる、多くの美味しい魚に出合えます」と言うのは店長の前さん。寿司職人のほとんどが北海道出身で、地元の魚・素材に精通している。「たこの子」(206円)や「北海たこ頭」(162円)のような、地元でしか食べられなかった珍しいネタも豊富に揃う。特に美味しさに定評があるカニ類と貝類には、舌鼓を打ちたい。

でっかいボタンエビ
681円

「たこの子」はコクのある味わい。名物の「でっかいボタンエビ」は、濃厚な頭の味噌の部分も軍艦で楽しめる。カニの食べ比べは四季を通じてあるが、時期により毛ガニやタラバガニなど、入荷次第で変わる

三種盛り(新物いくら、極上甘えび、旬さんま)
465円

花咲・ずわい 食べ比べ軍艦(ずわいむき身と味噌、花咲かにのむき身)
465円

たこの子
206円

北の勝(300mℓ)
1038円

いももち
141円

 甘辛いタレにバターの香りが広がる人気の品。揚げ時間が少しかかるので、最初に注文する客も

ほたての味噌汁
346円

 ホタテの稚貝の旨みが濃縮された逸品。汁ものは日替わりで貝類とカニ汁など2〜3種類を用意

回転寿しトリトン

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチイーストヤード6階 ☎03-5637-7716 [営]11時〜23時(21時45分最終入店) [休]無休 [席]カウンター24席、6席×8卓 計72席/全席禁煙/カード可/予約不可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直通

電話番号 03-5637-7716
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
最新の投稿
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt