MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鳥雅|焼きあがり絶妙な旨さをナチュラルなワインと(焼き鳥/永福町)

鳥雅|焼きあがり絶妙な旨さをナチュラルなワインと(焼き鳥/永福町)

オープンは昨年の10月。永福町と都心からは少し離れた場所ながら、すでに口コミで旨いもの好きにじわじわ人気の店である。

鳥雅(最寄駅:永福町駅)

焼鳥屋らしい和の佇まいにして活気ある雰囲気。焼き上がる手前であげて余熱で火を入れるという焼き鳥は、店主の井上さん曰く「焼きたてをその場で食べてほしい」。火入れが絶妙なんである。炭の香りと抜群の食感、焼き鳥をガブッとやったときの旨みをぜひ。通常のワインと別に、「自然な味わいが相性いいなと思う」ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)が常時20種類ほど揃っているのも特長。ロゼあり、微発泡あり、タイプも幅広く、価格設定もリーズナブル。ハマる人が増えてるのも納得だ。

ササミ、合鴨、ツクネ、皮、セセリ
280円、280円、280円、230円、230円

パリッと焼けてダシ醤油も利いた皮や、ぎゅっと旨みの濃い合鴨、脂ののったセセリの肉感等々、焼き物はほかにも、ウズラや背肝、カッパ、がら玉など、20種以上が揃う。気合いの入った焼き上がり

万願寺とうがらし炭焼
680円

万願寺を鰹節とダシ醤油で。季節ごとに旬の野菜もいろいろ楽しめる。

朝〆合鴨のタタキ
1380円

朝〆の合鴨タタキは、肉味が濃く、新鮮な旨さ。わけぎの醤油漬けと一緒に

焼き鳥に合うロゼや白、微発泡なども揃う自然派ワインはショーケースから自分で選べる。ボトルの裏には選びやすいようにコメントも。ボトルは4500円または5500円均一。ボトル2480円均一の通常のワインも赤白タイプ別に7種類ずつ揃っている

VdF ブリュタル / ラ・ソルガ(赤)
ボトル 5500円

左のロックなジャケは、化学へのアンチテーゼ。深みと透明感ある味わいが合う。

レストン・ナチュール・ダークナットドメーヌ・クンプフ・エ・メイエー(ロゼ)
ボトル 5500円

右はロゼの微発泡。シュワっとしてて、ピュアなエキス感も焼き鳥と相性◎

鳥雅

東京都杉並区永福4-6-2 ☎03-6265-8911 [営]17時〜23時LO、土・日・祝16時〜23時LO [休]月 [席]カウンター7席、テーブル10席 全17席/全席禁煙(外で喫煙可)/予約可/カード不可/お通し400円 [交]京王井の頭線永福町駅北口より徒歩5分

電話番号 03-6265-8911
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
更新: 2019-08-06 12:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
最新の投稿
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
更新: 2019-09-15 12:00:00
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
更新: 2019-09-14 12:00:00
人形町の人気ランチをグルメ雑誌のライターが実際に足を運んで調査!絶対に食べてほしい絶品店を厳選しました!アクセス抜群のお店や安くて美味しいお得なお店、土日営業のお店など16店舗。店舗情報もあり!ぜひチェックしてください!
更新: 2019-09-13 17:52:35
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
更新: 2019-09-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt