MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋MITSU|男前! 阿波尾鶏の炭火焼きをソムリエ厳選のワインで(焼き鳥/人形町)

日本橋MITSU|男前! 阿波尾鶏の炭火焼きをソムリエ厳選のワインで(焼き鳥/人形町)

基本の3串とサラダ、本日のブルスケッタ2種が揃って1300円とリーズナブルな晩酌コース、ここに赤白3種ずつあるグラスワインを合わせてまずは一杯。好みでそれに追加していくなんて使い方もおすすめ。※ランチタイム有

日本橋MITSU(最寄駅:人形町駅)

焼き鳥・オイスター&ワインの『日本橋MITSU』だ。焼き場はゆったりした本格的バーカウンターの一角。阿波尾鶏を使用した炭火焼きは、程よい歯応えとコクがあり、なかなかに男前な味わいだ。オーナーソムリエの吉田さんが厳選するワインは100種類以上。ワインリストがデイリーボトルのオール3000円から1000円刻み、解説付きで初心者でも選びやすいのもうれしい。食後はバーとしても楽しめる。

晩酌コース
1350円

串は、炭の香りとジューシーさがたまらない阿波尾鶏とネギの合い串、脂の旨さと食感がいいせせり、甘すぎないタレで肉々しいつくねの3種類。ブルスケッタはレバーパテとチリクリームチーズ。いずれもワインと相性抜群

生牡蠣盛り合わせ8P
4320円

産地直送の国内産オイスターもこちらのウリ。季節により産地や価格が変わる生牡蠣は350円〜。定番の焼き牡蠣1P200円も人気

アミ油で巻いた希少白レバー炙り
980円

程よく焼けたアミ油に包まれ、中にはとろける白レバーがぎっしり

焼き鳥希少部位
各260〜280円

「希少部位」「極め希少部位」がいろいろ揃っている。左から、ロード(食道)、ソリレース(足の付け根)、とっくり(胃)、つなぎ(大動脈)、軍鶏レバー。追加で頼んで、食感や味わいの違いを楽しみたい

プリマティラ デッレ ベネツィニ(赤)
ボトル 4000円

森の果実のような香りと柔らかなタンニンが魅力のイタリアのピノ。タレにもよく合う。

アンドレブルネル(赤)
ボトル 4000円

果実味もたっぷりあるけど飲みやすい南仏赤。

日本橋MITSU

■日本橋MITSU
[住所]東京都中央区日本橋人形町1-4-13 2階
[TEL]03-5645-2073
[営業時間]11時半〜14時、17時〜23時40分(23時LO)
[休日]日
[座席]カウンター13席、テーブル36席 全49席/全席喫煙可/予約可/カード可
[アクセス]地下鉄日比谷線・都営浅草線人形町駅A6出口より徒歩1分

電話番号 03-5645-2073
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
299views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt