味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)

JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有


味坊(最寄駅:神田駅)

「ウチは中国の中でも東北地方の料理が中心。羊肉を使う料理も多いからワインに合うでしょ」とはオーナーの梁さん。特にオススメなのが炭火で炙ってから一味唐辛子やクミンなどのスパイスをたっぷりまとわせた「ラム肉の串焼き」だ。ジューシーなラムのコクと香辛料の爽やかな香りで、コップに注がれたワインがグイグイすすむ。今では7~8割の客が紹興酒よりもワインを選ぶとか。値段も基本的にボトル1本2700円とリーズナブル。庶民的な雰囲気で気軽にワイワイ楽しめる1軒だ。※ランチタイム有

ラム肉の串焼き(10本) 1944円

ジューシーなラム肉はオーストラリア産。クミンの爽やかな香りがラム肉の旨みをあますところなく引き立てている。ぜひ赤ワインとあわせて味わいたい

梁さんおすすめワインプレート 1404円

日替わりで、この日は塩漬け玉子、鶏肉と押し豆腐の燻製、ハチノスとラム肉の醤油煮込みなど。どれもあっさりとしているので、白ワインにもピッタリ

押し豆腐の冷菜 864円

デスクランブ シャトー・ルネッサンス(赤) ボトル 2700円

フランス、ボルドー産の自然派ワイン。果実味をいかしたまろやかでエレガントな味。ミディアム~フルボディでキメの細かいタンニンが後味を引き締める。茶目っ気たっぷりのエチケットも必見だ。

味坊

東京都千代田区鍛冶町2-11-20 ☎03-5296-3386 [営]11時〜14時半、17時〜23時(22時半LO)、日・祝は15時〜21時(20時半LO) [休]無休 [席]テーブル90席 計90席/禁煙席あり/予約可/カード可/サなし [交]JR山手線神田駅東口から徒歩2分

電話番号 03-5296-3386
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


立ち呑みワインの聖地はどっちだ!?【蒲田VS中央線:中央線編】

立ち呑みワインの聖地はどっちだ!?【蒲田VS中央線:中央線編】

晩酌にワイン…会社帰りに軽~く一杯なんてものぴったりとなれば、立ち呑みワインなんてのは実にいい。さてその立ち呑みワインだが、飲み屋の多い中央線沿線に対抗するかのように、蒲田にも店が増えているという。果たして、どちらが聖地なのか!?歩いて飲んで検証してみた!まずは阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪《中央線》!


独自の進化を遂げた 独創的 立飲みワイン!【蒲田VS中央線:蒲田編】

独自の進化を遂げた 独創的 立飲みワイン!【蒲田VS中央線:蒲田編】

晩酌にワイン……会社帰りに軽~く一杯なんてものぴったりとなれば、立ち呑みワインなんてのは実にいい。 さてその立ち呑みワインだが、飲み屋の多い中央線沿線に対抗するかのように、蒲田にも店が増え、多くの酔客を楽しませているという。 果たして、どちらが聖地なのか!?歩いて飲んで検証してみた! まずはニューカマー《蒲田》!


こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

こんな料理ともワインが楽しめる!?東京都内でお気楽ワインならここで!

ここで野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。ここでは、そんな中華や焼きとん、さらにはたこ焼きや餃子まで、カジュアルワインが楽しめる東京都内おすすめ三ツ星店を紹介です。


和食には赤ワインが新常識!?東京都内でお気楽ワインならここで!(和食/東京)

和食には赤ワインが新常識!?東京都内でお気楽ワインならここで!(和食/東京)

ここで野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。 ここでは、そんな和食で、カジュアルワインが楽しめる東京都内の三ツ星店を紹介です。


絶品の焼き鳥と染み入るワイン!フラッと入れる焼き鳥×ワインのおすすめ7軒(焼き鳥/東京)

絶品の焼き鳥と染み入るワイン!フラッと入れる焼き鳥×ワインのおすすめ7軒(焼き鳥/東京)

焼き鳥には安旨&濃いめの赤ワイン?いやいや、今どきはもっと軽やか。 選択肢もぐっと広がって、スタイルはどんどん進化中。 絶品の焼き鳥と染み入るワイン。気軽で、オヤジなだけじゃない、このヨロコビをぜひ。 東京都内のフラッと入れる焼き鳥×ワインの三ツ星店7軒をご紹介!


最新の投稿


「パンダまん」に、週末は長蛇の列|老維新(肉まん/横浜中華街)

「パンダまん」に、週末は長蛇の列|老維新(肉まん/横浜中華街)

老維新(ローイシン)は1955年創業の中国雑貨の老舗だが、店頭で売られる「パンダまん」に、週末は長蛇の列ができる。これがかわいいだけじゃない![交]みなとみらい線元町中華街駅から徒歩約5分、JR根岸線石川町駅北口から徒歩約7分 ※ランチタイム有


甘味 おかめ 麹町本店|絹のような舌すべりのこし餡が餅を優しく包む(スイーツ/麹町)

甘味 おかめ 麹町本店|絹のような舌すべりのこし餡が餅を優しく包む(スイーツ/麹町)

「特別なことは何もしていないの。祖母の代から毎朝真面目に小豆を炊いているだけ」と語るのは、都内に3店舗ある店を切り盛りする女将。北海道十勝産の小豆を使った御膳しるこは、しっかりとした甘さながらも、舌にとろりするりと乗り、エグ味がない。


絶品!東京たい焼きコレクション(断面図付き)すべて実食調査の都内7店舗!

絶品!東京たい焼きコレクション(断面図付き)すべて実食調査の都内7店舗!

「美味しい」と評判の都内店舗をくまなく食べ歩き、「わざわざ行きたい」7軒をご紹介。“ホカホカの焼きたて”こそ、たい焼き食べ歩きの醍醐味。ぜひ、その場でほおばって!撮影/石井明和 文/宮本サクラ


新食感のスーパー甘味!汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだ|まめ茶和ん(スイーツ/武蔵小山)

新食感のスーパー甘味!汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだ|まめ茶和ん(スイーツ/武蔵小山)

汁粉&ぜんざい界に新風を吹き込んだのは、店長考案の「熱々わらび餅ぜんざい」。注文を受けてから国産の本わらび粉に和三盆糖を加えて練り、温めたぜんざいの上に流し入れ、抹茶きな粉をふったもの。


麺や 佐市(ラーメン/錦糸町)|カキから抽出した渾身のスープがスゴイ!

麺や 佐市(ラーメン/錦糸町)|カキから抽出した渾身のスープがスゴイ!

何と言っても無化調で、カキをたっぷり使い旨みを凝縮して抽出したというスープがスゴイ。一杯換算で8個くらいは使ってる、という贅沢。麺や 佐市[交]JR総武線錦糸町駅北口から徒歩2分※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング