真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。


真不同 飲茶倶楽部(最寄駅:恵比寿駅)

なかでも看板メニューが、金華ハムなどの高級食材を贅沢に使ってとるスープ、“頂湯”を餡にたっぷり練り込んだ「頂湯焼売」。蒸したて熱々を頬張れば、奥深いコクのスープがほとばしる。 ワインはインポーターと提携し、ポテンシャルの高いボトルをリーズナブルに仕入れているため、コストパフォーマンスの高さを感じるものばかり。中華料理に合わせ、しっかりとしたボティを持つボトルが中心で、ワインと点心のペアリングにうならされること請け合いだ。

頂湯焼売 583円

餡は豚のモモ肉と肩ロースの挽き肉に粗く叩いたエビを混ぜ、食感も抜群。蒸したてはまるで小籠包のようなジューシーさだ

豚スペアリブ 712円

豆豉やオイスターソースをまぶしたスペアリブをじっくり蒸し上げる。柔らかな身にかぶりつけば、豚肉の旨みとコクが押し寄せる。フレッシュな果実味のある白ワインが好相性

香港式赤酢豚 1382円

香港で昔から親しまれている味を再現。甘めのタレがカラリと揚げられた豚肉の旨みによく合う

ちまき 799円

〆のイチオシ。八角や桂皮などの中国香辛料を利かせたタレで炊いた鶏肉、シイタケなどを餅米と共にハスの葉に包んで蒸し上げる。口の中で何層にも重なり合う香りを楽しみたい

エステート・ピノ・ノワール エラスリス(赤) ボトル 3456円

チリ産の中でも特に優れたワイナリーによるもので、完熟したブドウの豊かさを持つエレガントな1本。しっかりとしたボディとコクがあり、中華の調味料や香辛料の香りを優しく包み込んでくれる。

真不同 飲茶倶楽部

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 京城ビル 6階 ☎03-6303-1318 [営]17時半〜24時(フード23時、ドリンク23時半LO) [休]日 [席]カウンター6席、テーブル4席×4卓、8席×1卓 計30席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、席料324円別 [交]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

電話番号 03-6303-1318
2016年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

横浜・たまプラーザのそば『手打そば 風來蕎』

店で手作りする濃厚な生湯葉に、しっとり仕上げた鴨のロースト、そして彩り野菜をあしらったカルパッチョと、コース口開けの前菜から、その出来映えに惚れ惚れ。続いてやってくる滋味あふれる椀物や、季節の一品料理でさらに心をつかまれたところで真打ちの登場だ。


恵比寿の居酒屋『酒家の元』

恵比寿の居酒屋『酒家の元』

恵比寿駅から少し離れた路地に、実力派の居酒屋が昨年9月にオープンした。カウンターの中で手際よく仕事をこなすのが店主・野元さん。


恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。


吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

吉祥寺の日本料理『ビストロ 丿貫(へちかん)』

淡路や唐津、七尾など産直で仕入れた魚介をふんだんに使用し、日本酒も蔵を巡り、食事に合うのものを中心に取り揃える。それらを「都心部に劣らぬ美味しさでカジュアルにコスパよく」をモットーに供してくれるのが同店だ。


代々木上原の日本料理『キガルニワショク 弾』

代々木上原の日本料理『キガルニワショク 弾』

料理長・金子さんが作るのは、きれいな味わいの端正な和食。おまかせコースも懐石らしくきちんとした仕立てだが、料理が日替わりで単品が豊富というのも強みだ。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング