MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

真不同 飲茶倶楽部|ワイングラス片手に本格的な点心に舌鼓(中華料理/恵比寿)

西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。

真不同 飲茶倶楽部(最寄駅:恵比寿駅)

なかでも看板メニューが、金華ハムなどの高級食材を贅沢に使ってとるスープ、“頂湯”を餡にたっぷり練り込んだ「頂湯焼売」。蒸したて熱々を頬張れば、奥深いコクのスープがほとばしる。 ワインはインポーターと提携し、ポテンシャルの高いボトルをリーズナブルに仕入れているため、コストパフォーマンスの高さを感じるものばかり。中華料理に合わせ、しっかりとしたボティを持つボトルが中心で、ワインと点心のペアリングにうならされること請け合いだ。

頂湯焼売
583円

餡は豚のモモ肉と肩ロースの挽き肉に粗く叩いたエビを混ぜ、食感も抜群。蒸したてはまるで小籠包のようなジューシーさだ

豚スペアリブ
712円

豆豉やオイスターソースをまぶしたスペアリブをじっくり蒸し上げる。柔らかな身にかぶりつけば、豚肉の旨みとコクが押し寄せる。フレッシュな果実味のある白ワインが好相性

香港式赤酢豚
1382円

香港で昔から親しまれている味を再現。甘めのタレがカラリと揚げられた豚肉の旨みによく合う

ちまき
799円

〆のイチオシ。八角や桂皮などの中国香辛料を利かせたタレで炊いた鶏肉、シイタケなどを餅米と共にハスの葉に包んで蒸し上げる。口の中で何層にも重なり合う香りを楽しみたい

エステート・ピノ・ノワール エラスリス(赤)
ボトル 3456円

チリ産の中でも特に優れたワイナリーによるもので、完熟したブドウの豊かさを持つエレガントな1本。しっかりとしたボディとコクがあり、中華の調味料や香辛料の香りを優しく包み込んでくれる。

真不同 飲茶倶楽部

東京都渋谷区恵比寿南1-8-9 京城ビル 6階 ☎03-6303-1318 [営]17時半〜24時(フード23時、ドリンク23時半LO) [休]日 [席]カウンター6席、テーブル4席×4卓、8席×1卓 計30席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、席料324円別 [交]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分

電話番号 03-6303-1318
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
立ち呑みでは珍しい、中華料理を提供する店。それも「干豆腐香草あえ」(250円)や「麻辣牛すね肉」(300円)から「激辛魚(うなぎ) 珍味」(250円)といった、ここは大陸か? といった料理も揃える。
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt