MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
アベス|肉厚のサバに垂涎技ありのスペシャリテ(フレンチ/恵比寿)

アベス|肉厚のサバに垂涎技ありのスペシャリテ(フレンチ/恵比寿)

一歩入ればそこはまるでパリのビストロ。手作りのクラシカルな内装の空間に身をゆだね、まずはスペシャリテの「真サバのマリネ」から始めよう。

Abbesses|アベス(最寄駅:恵比寿駅)

それは見るからにアートなひと皿。フランス各地で修業した店主がパリ時代に感動した師匠の味をベースにしたもので、フレンチの技法で程よく〆たサバは肉厚で繊細。まろやかな酸味と旨みの余韻に思わず頬が緩んでしまう。それともうひとつ、これからの季節なら「サンマのジャガイモ包み焼き」も外せない。脂がのった身で、燻製にしたジャガイモのニョッキを包み、それに大根ソースを合わせるというセンスと技には感服だ。ワインはすべてフランス産。約40種あり、地方や味わいのバリエーション豊かにセレクトしている。※ランチタイム有

真サバのマリネ
1800円

サバは築地から新鮮で肉厚なものを毎日仕入れている。この日は長崎産。塩漬けした後に8時間ほどマリネ液に漬けて味をふくませ、しっとりやさしい酸味に。大葉とネギをあしらい、大根のマリネと共に味わう

フォアグラのソテーと牡蠣のピラフ
2600円

フォアグラのソテーを惜しげもなくのせた人気のひと品。オーダーがあってから鶏のダシで炊くピラフは牡蠣のエキスもたっぷり入る。濃厚なコクがヤミツキになる味わいだ

サンマのジャガイモ包み焼き
1600円

秋のメニュー。ジャガイモのニョッキとドライトマトをサンマの身で包み、一度蒸してから仕上げにフライパンで皮をパリッと焼いて仕上げる。爽やかな大根のソースが絶妙に合う

ドメーヌ・モーリスシュッヒ (白)
ボトル4800円

サバなど青魚独特の香りと味わいがある食材には、キレが良くてスッキリした白を選ぶのがベター。写真はフランス産で、やさしい果実味もあり、サバの旨みを引き立てながら、心地よく飲める。

アベス

東京都渋谷区恵比寿1-26-17阿部ビル2階 ☎03-5424-2666 [営]12時~14時半(13時半LO)、18時~24時(22時半LO)、土・祝12時~15時半(13時半LO ※ディナーメニューによる営業)、18時~23時(21時半LO) [休]日(月1回連休あり) [席]テーブル28席、計28席/全席禁煙/予約可(平日昼以外)/カード可/サなし、テーブルチャージ500円別 [交]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩7分

電話番号 03-5424-2666
2016年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
442views フレンチ
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt