MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(8) 小腹対応が『神』な吉祥寺の喫茶店の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(8) 小腹対応が『神』な吉祥寺の喫茶店の件

吉祥寺のオシャレカフェって、どう考えても頑張りすぎなんじゃないかと思う……。 おっさん女子とはいえ、私も基本女子(笑)。 若い娘さんが集うカフェにもたま~に行ってみるわけなんだが……。小腹対応に納得できん、と憤ることがすごく多いわけですよ。

おっさん女子への小腹対応が『神』な吉祥寺の喫茶店の件

吉祥寺のオシャレカフェって、どう考えても頑張りすぎなんじゃないかと思う……。

おっさん女子とはいえ、私も基本女子(笑)。
若い娘さんが集うカフェにもたま〜に行ってみるわけなんだが……。小腹対応に納得できん、と憤ることがすごく多いわけですよ。

ちなみに小腹対応とは、喫茶店やカフェで小腹が空いちゃったときに頼みたくなるようなフード類のことね!

おっさん女子理想の小腹対応は、営業時間中であれば、いつでもフードが頼める&ベーシックなサンドイッチがあってほしいんだけど。

イラスト/スタジヲワンツー

オシャレカフェって、意外にサンドイッチがメニューにないのはなぜ?



ケーキとかスイーツに体力を使いすぎてるからなの?

それにメニューにあったとしても、ランチ時だけだったり、オシャレ過ぎて味は二の次っていう感じ。

やたらにフードメニューがオシャレで前のめりなわりに、サンドイッチが手薄な印象。パンと具の間に挟まってるフリルレタスいらねーし! これは必然性があって挟んでるの? 惰性じゃない? と疑問に思うオシャレぶりが、おっさん女子の小腹に対応してないのがとっても残念……。


カフェや喫茶店でサンドイッチを頼みたくなるのは、そこに長居しているときである(おっさん女子独断調べ)。

中途半端な時間だけど、なんかちょっと食べちゃおうかなぁ、と思ったときに食べたいものがない店は小腹対応が甘い。まあ、お客に長居されたくないとは思うけどさ。



吉祥寺で小腹対応サンドイッチが美味しいのは、吉祥寺パルコに入っている『O』。そして『茶房M』である。



吉祥寺で小腹対応サンドイッチが美味しいのは、吉祥寺パルコに入っている『O』。

ミックスサンドイッチの具は3種類。ポテトサラダ、ハム&チーズ、そしてツナサラダ(ちなみにカレー味)である。

正直、値段のわりに具のレベルが高いと思う。遅い時間だと売り切れいてたりするけど、その場合はトーストにするのもおすすめ。ここは窓際の席から吉祥寺の交差点が見下ろせて、道行く人を眺めながらぼんやりするのに最適。

飲み物のお代わりが半額なんで、ついついサンドイッチ+飲み物お代わりで、客単価をあげてしまうおっさん女子であった。



さらにクッキーやビスコッティのコーヒーのお供系や、コーヒーゼリーやケーキなども充実。もう縦横無尽に小腹に対応しているので、吉祥寺では小腹神対応の店、と勝手に認定。

そして『茶房M』である。

ここは、土日は混んでいるけど、平日は比較的平和。茶房サンドは、ハムとカレー味ツナの2種セット。おっと、ここも具のひとつがカレー味ツナだね! 
なんだかとってもていねいに作ってあるサンドイッチなんだよね。ただ、ここはカレーセットがこれまた超おいしいので、カレーの誘惑を乗り越えて、茶房サンドを頼まないといけないのが、難点といえば難点……。

ちなみにカレーセットにつくサラダのドレッシングまでが美味しい! やっぱり細部までちゃんとしている店って、店の入れ替わりの激しい吉祥寺でも、繁盛しているよね。





全然関係ないけど、ここの店主は、私が初めて見た30年くらい前から見た目がほとんど変わってないんだけど……(笑)。あとエプロンがとっても似合っています。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt