エリア: 東京都

覆面取材でわかった!今、通いたい居酒屋はこんな店!(居酒屋/東京)

覆面取材でわかった!今、通いたい居酒屋はこんな店!(居酒屋/東京)

三ツ星の居酒屋を担当したライター菜々山いく子(以下・菜)と編集・武内(以下・武)。酔いつつ、舌鼓を打ちつつ取材を進める中で、今の居酒屋はこれまでになかった魅力に溢れている店が多いことに気がつきました。それは……


新しい酒の楽しみ方、急増中です!

「今月は、都内にある何十軒もの居酒屋を巡ってもらいましたが、ここ最近の傾向や流行はありました?」

「それこそひと昔前の居酒屋っていうと、つまみは刺身と焼き鳥でお銚子もう1本! みたいなイメージだったけど、今は料理も、揃える酒も個性的な店が増えているよ」

「確かに、日本酒=和食にこだわらなくてもいいんだって思いました」

「そうそう、例えば『SUGAR』は、中華も出すし、取材拒否だった『S』は、ハーブやスパイスを使ったエスニックテイストの料理も多かったもん。それに『MiwaMiya』はビストロ料理。料理のボーダレス化がすすんでいるみたい。日本酒ってこんなにも色んな料理に合うんだって目からウロコ!」

SUGAR

羊肉水餃子 750円

2016年5月にオープンし、はやくも注目を集める店だ。日本酒には和食という既存の概念をくつがえし、パンチのある中華や、スパイスをふんだんに使用したエスニックからのアプローチも打ち出している。

MiwaMiya

自家製豚バラ肉の燻製 1300円

酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。



「日本酒の造り手も、それぞれに米や酵母、製法に工夫をこらして、今までなかったような新感覚の酒の研究をしていますし、日本酒とひと口に言っても、その味わいは多様ですからね」

「酒屋さん主導の仕入れじゃなく、店主もちゃんと自分のトコの料理に合う酒を置いているんだよね。30代の若い店主の店が台頭してきているのもここ最近の傾向かな。皆さん、日本酒についてすごく知識豊富だから、飲みながら話しを訊くのも楽しかったし、酒のすすめ方も的確なんだ」

「あと、ほとんどの店で1合単位じゃなく、5勺とかグラスで少量ずつ注文できましたよね。ひとりでも、料理ごとに酒を合わせられるのが嬉しいです」

「居酒屋って、酒飲んで酔っぱらうトコじゃないんだなあってつくづく思った。料理と日本酒のペアリングを楽しむところなんだって」

「でも、酔っぱらってましたよね?」

「酔っぱらってましたとも! そりゃ酒飲めば酔っぱらうでしょう。ペアリングも大事だけど、堅苦しく考えすぎないで、楽しく飲むってのも居酒屋の醍醐味でしょ!」

「ハイハイ。ところで、先ほど料理のボーダレス化の話しがでましたが、和食を合わせる店がもちろん主流ですよね」

「もちろん。でもそのレベルがかなり高くなっていると思うんだ。ちゃんと和食で修業と経験をつんだ職人さんが作る料理って、やっぱり見た目も味もすごく洗練されているよね」

「池袋の『KOU』『UOK』は、どの料理も完成度の高さに驚きますよね。しかもほとんどが500円以下っていうのもコスパ高すぎ!」

「うんうん、その2軒は、もはや高いお金払って割烹に行く必要ないなって思ったくらいのレベルだった」

KOU

合鴨のロース煮 432円

駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみの小さな店。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。

UOK

黒鯛のおくら蒸し梅肉餡がけ 540円

KOUの2号店としてオープンした。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。



「それと、中目黒の『ひぐらし』の料理もいい。中目黒って実はオトナがちゃんと楽しめる居酒屋って少ないんですよ。ここは料理も酒も雰囲気も文句なし!」

ひぐらし

新サンマ塩焼き 810円

駅前の喧噪から少し離れた静かな路地にひっそりと暖簾を出し、今年で3年目を迎えた。広々としたカウンター席を中心とした店内は、大人がくつろげる上質な空間。



「『ひぐらし』の料理は季節ごとに変わるメニューが特に良いね! これからの時期は、丸々太った塩焼きサンマに、“ひやおろし”。くぅ〜、たまらん。ベタだけど日本人に生まれてホント良かった」

「あとね、ちょっと前まで日本酒と言えば冷酒ばかりがもてはやされていたじゃないですか。燗酒推しの店が増えているのも、ここ最近かと」

「今回取材した中では、人形町の『炉端ぺし』が特に力を入れているよ」

和醸良酒 ぺし(旧店名:日本酒バル 炉端ぺし)

海鮮酒粕グラタン 951円

唎酒師の資格を持つ店長・中村典嗣さんがとりわけ力を入れるのは燗酒だ。それぞれの酒に適した温度で丁寧に燗をつけることで、米の旨みや香りが一段と華開く。



「ボクは燗酒好きなので、この傾向はうれしいです。温めると甘みや香りも増すし、食事との相性が広がるんですよね。ただ、なんでもかんでもお燗すればいいってワケじゃないし、ヘタすると味を損なうだけだから、店の技量とセンスが試されますけどね」

「うんうん。今回の覆面取材でも煮切りかっ! ってくらいアッチアチの酒を出してきた店があった(笑)」

「それにしても、今回紹介したような個性あふれる店が数年の間に続々とオープンして、居酒屋業界はますます面白くなってきましたね」

「酒蔵も頑張っているし、日本酒をとり巻く世界は今後早いペースで変わっていくと思う」

「ますます目が離せない! 随時、覆面取材を敢行する必要がありそうですね」

今回の記事の店舗情報

SUGAR(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

SUGAR|熟成酒&ビオワイン&中国酒の3本柱(日本酒バー/阿佐ヶ谷)

https://matomeshi.jp/articles/1763

2016年5月にオープンし、はやくも注目を集める店だ。日本酒には和食という既存の概念をくつがえし、パンチのある中華や、スパイスをふんだんに使用したエスニックからのアプローチも打ち出している。

MiwaMiya(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

MiwaMiya|ビストロ料理をひきたてる日本酒の数々(日本酒ダイニングバー/阿佐ヶ谷)

https://matomeshi.jp/articles/1799

 酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。

KOU(最寄駅:池袋駅)

KOU (コウ)|腕利きの料理人が作るつまみがウマい(居酒屋/池袋)

https://matomeshi.jp/articles/1764

 駅から離れた住宅街にひっそりと佇むカウンター7席のみの小さな店。アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。

UOK(裏KOU)(最寄駅:池袋駅)

UOK|2号店も池袋にオープン(割烹料理/池袋)

https://matomeshi.jp/articles/1765

KOUの2号店としてオープンした。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。 ※ランチタイム有

ひぐらし(最寄駅:中目黒駅)

ひぐらし|上質な空間でいただく、洗練された料理の数々(和食/中目黒)

https://matomeshi.jp/articles/1759

 駅前の喧噪から少し離れた静かな路地にひっそりと暖簾を出し、今年で3年目を迎えた。広々としたカウンター席を中心とした店内は、大人がくつろげる上質な空間。

和醸良酒 ぺし(旧店名:日本酒バル 炉端ぺし)(最寄駅:人形町駅)

和醸良酒 ぺし(旧店名:炉端ぺし)|毎週月曜のメンズDAYを狙うべし!(居酒屋/人形町)

https://matomeshi.jp/articles/1761

 唎酒師の資格を持つ店長・中村典嗣さんがとりわけ力を入れるのは燗酒だ。それぞれの酒に適した温度で丁寧に燗をつけることで、米の旨みや香りが一段と華開く。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ラーメン 温故知新<醤油編> 絶対に食べておきたい醤油ラーメン2杯!(ラーメン/東京)

ラーメン 温故知新<醤油編> 絶対に食べておきたい醤油ラーメン2杯!(ラーメン/東京)

近年の醤油ラーメンのトレンド作りに一役買った人気店と、開店から20年近くが経った今も毎日行列ができる老舗。東京都内で絶対に食べておきたい醤油ラーメン2杯をご紹介します!


昼だって激選区!新宿小滝橋通り裏行列店探訪(ランチ/東京)

昼だって激選区!新宿小滝橋通り裏行列店探訪(ランチ/東京)

大小のオフィスが集まる西新宿の小滝橋通り裏エリア。昼休みのゴングが鳴ると「待ってました」とばかりに人気店には大行列が! 熾烈なランチ戦争に、ライター林も参戦してきました。


今宵は”コの字酒場”で酔う。溢れる人情がごちそうなのだ(居酒屋/東京)

今宵は”コの字酒場”で酔う。溢れる人情がごちそうなのだ(居酒屋/東京)

飲んべえなら行かずにはいられないコの字酒場。安くて旨くて居心地が良くて、おまけに店主も客もいい。知れば知るほどハマる、コの字ワールドへとご案内します!


東京都内で絶品のアジアン麺を巡る日々(アジアン麺/東京)

東京都内で絶品のアジアン麺を巡る日々(アジアン麺/東京)

編集の戎さんから「東京都内のアジアン麺を食べまくってください」という指令を受け早速アジアン麺を巡ってきました!


MiwaMiya|ビストロ料理をひきたてる日本酒の数々(日本酒ダイニングバー/阿佐ヶ谷)

MiwaMiya|ビストロ料理をひきたてる日本酒の数々(日本酒ダイニングバー/阿佐ヶ谷)

 酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。


最新の投稿


ほかにもあるある!東京・寄席案内&グルメスポット

ほかにもあるある!東京・寄席案内&グルメスポット

浅草、上野、池袋。それぞれに個性的で魅力的な寄席がほかにもある。柳家獅堂師匠のおすすめでグルメスポットともどもご案内!案内してくれる人柳家獅堂さん鈴々舎馬風門下にて、2006年に真打昇進。gogo Luck go !を合言葉に落語界浪漫派として活躍中。城郭ネタも得意。3/31浅草演芸ホールの一門会にも出演予定。


Mrs.Burg(ハンバーグ/錦糸町)|ガツンと言うよりやさしい旨さの岩中豚100%バーグ

Mrs.Burg(ハンバーグ/錦糸町)|ガツンと言うよりやさしい旨さの岩中豚100%バーグ

 ガツン!というより、女性にも味わってほしい美味しさをと求めて行き着いた素材が岩中豚。あっさりした中にも肉の旨みと脂の甘みが、じんわり旨〜っと広がるようなハンバーグだ。


サカナの中勢以(ハンバーグ/三越前)|長期熟成但馬牛の贅沢にして深〜いコクと旨み

サカナの中勢以(ハンバーグ/三越前)|長期熟成但馬牛の贅沢にして深〜いコクと旨み

 和牛のなかでも最高峰と言われる但馬牛を、昔ながらの枝肉熟成=枯らしの技法で長期熟成させ、旨みを引き出す『中勢以』。その熟成肉100%のハンバーグがこれだ。


あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

あげもんや(とんかつ/高円寺)|揚げ物一筋20数年、渾身のとんかつ

あらゆる揚げ物を取り揃える、揚げ物好きにとってパラダイスな店。店主の寺田さんは築地『豊ちゃん』で約20年経験を積んで独立した、いわば揚げ物道を突き詰めた逸材。あげもんや[交]JR高円寺駅より徒歩1分 ※ランチタイム有


第9回 脂質&糖質カットの豚骨味を試食! 日清「カップヌードルナイス 濃厚! キムチ豚骨」

第9回 脂質&糖質カットの豚骨味を試食! 日清「カップヌードルナイス 濃厚! キムチ豚骨」

 うまい! 最初にいっちゃいますが“うまかった”です! 日清の「カップヌードルナイス」は脱メタボ食としてスペックが高いけど、4月に発売されたしょうゆ味とシーフード味には、なにかもの足りなさを感じていた……。


ランキング


>>総合人気ランキング