MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
1泊5列車 北陸ぶらりグルメ列車の旅(北陸/グルメ列車)

1泊5列車 北陸ぶらりグルメ列車の旅(北陸/グルメ列車)

べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!

乗る!食う!飲む!観る!

いざ行かん、北陸へ!

北陸新幹線の開業から1年半、「天然の生け簀」といわれる富山湾のキトキトの魚がものすごく身近になった。そこで北陸の食材に舌鼓を打とうと考えたのだが、調べてみると昨秋から今年にかけて、美食満載のグルメ&観光列車が相次いで誕生していた。


これは鉄道旅好きオヤジとしては見逃せない。

というわけで、土日を利用した1泊2日の旅に出かけることにした。

一日目

まず目指したのは、氷見(ひみ)駅発の「べるもんた2号」

東京駅を6時28分発の「はくたか551号」で新高岡駅に着き、城端(じょうはな)線、氷見線と乗り継いで10時13分には氷見駅ホームに無事到着。

1列車目 氷見駅(富山)11:05発、 新高岡駅(富山)12:10着

JR西日本 ベル・モンターニュ・エ・メール(通称:べるもんた)

いきなり1列車目でキトキトを体験。富山湾に面した源義経ゆかりの「義経岩」を車窓に望みながら、獲れたてのキトキトのブリやエビを地元のベテラン寿司職人が目の前で握ってくれるのだ。

ぷち富山湾寿司セット 2000円 ※別途予約

「脂ののった3年モノのブリと違い、2年モノの“がんどブリ”はあっさりとした旨みが絶品」と板前さん。どうだ義経、食べたいか!?


2列車目 金沢駅(石川)14:15発、 和倉温泉駅(石川)15:32着

2列車目は金沢駅で乗り込んだ「花嫁のれん3号」

JR西日本 特急花嫁のれん

1号車エントランス壁面などに煌びやかな金沢金箔を装飾した“女性の幸せを願う列車”なのだが、オヤジも結構乗り込んでいる。

1・3号で提供のスイーツセット(生菓子1個、焼き菓子10個、ドリンク) 2000円

ここでいただくのは地元出身の人気パティシエ・辻口博啓氏が手掛ける「スイーツセット」。レモンの酸味とナッツの甘みが口中で見事なハーモニーを奏でるレモンのムースに眼を閉じた…。


3列車目 和倉温泉駅(石川)15:45発、 穴水駅(石川)16:35着

和倉温泉駅から乗った「のと里山里海5号」では、3種類の地酒を味わう土日限定の「ほろ酔いプラン」をいただいた。

のと鉄道 のと里山里海号

ほろ酔いプラン 3500円(土曜のみ下り1本)

と、その前にウエルカムドリンクの「能登ワイン」でまずはひと息。

純米「千枚田」など地酒を珠洲焼、輪島塗、ガラス盃で味わう。

唇に触れる器の微妙な感覚を楽しむのもまた一興だ。
ビューポイントで海の光の照り返しに眼を細め、アテンダントの温かいガイドに耳を傾ける。

心地よいほろ酔いとは、こういうひとときをいうのだろう



1日目の“グルメ3列車走破”を終えた私とカメラマンは、富山駅前に宿をとることにした。

穴水駅を17時23分に発ち七尾駅、津幡駅で乗り換えて富山駅には20時過ぎに到着。

2日目

4列車目 電鉄富山駅(富山)7:00発、宇奈月温泉駅(富山)8:40着


2日目、富山地方鉄道の「アルプスエキスプレス」でトロッコ電車が走る宇奈月温泉駅を目指した。


富山地方鉄道 アルプスエキスプレス

残念ながらレストラン車両がないので、富山駅の売店で「ブリのすし小箱」を買い求める。

ぶりのすし小箱 850円

こういった、名物駅弁の味を楽しめるのも鉄道旅ならではの楽しみだ。
木の窓枠を額縁に見立てた車窓の左右に、雄大な立山連峰と富山湾の青さが広がる。

この景観が見事な1枚の絵画に見えてきた。

終着駅で黒部渓谷を眺め、駅ホームの足湯でひと休み。



頭の中から“仕事”が完全に飛び去っていた。



10時41分に宇奈月温泉駅を発ち、新魚津駅から魚津駅を経て
13時過ぎに糸魚川(いといがわ)駅に着く。




さあ、この弾丸列車旅のラストを飾る「雪月花」に乗り込もう!

5列車目 糸魚川駅(新潟)14:10発、 上越妙高駅(新潟)16:48着

えちごトキめき鉄道 えちごトキめきリゾート雪月花

糸魚川駅から日本海沿いに走り、直江津駅から妙高高原駅を折り返して上越妙高駅まで田園と山路を走る。
糸魚川駅と上越妙高駅間は北陸新幹線なら15分とかからない距離を、午後発便の「雪月花」はたっぷり2時間40分かけて走る。

つまり目で楽しむ海山の景観だけでなく、その幸を舌と胃袋で堪能しようというのだ。

和食の三段重(午後便) 食事付きコースは午前・午後便とも片道14800円

糸魚川出発便で味わえる料理は、明治天皇にお出しした献立が今も残るという糸魚川市の割烹「鶴つる来ぎ家や」の料理。
仕事でもプライベートでも訪ねたことのない老舗の味が旅の締めくくりだと思うと、料理が出る前から(恥ずかしながら)垂涎モノである。

沿線の糸魚川ゆかりのヒスイ鰻の蒲焼、越の丸茄子田楽……。

ウエルカムドリンクのオリジナルスパークリングワインに始まり、テーブル上に並ぶ料理の数々が、車窓から眺められる新潟の風土で育まれた食材だった。




5つのグルメ列車を乗り継いで北陸から新潟へ。

地元の美食が、旅情をより豊かにしてくれた2日間だった。

今回の記事の店舗情報

JR西日本 ベル・モンターニュ・エ・メール

JR西日本 特急花嫁のれん

のと鉄道 のと里山里海号

富山地方鉄道 アルプスエキスプレス

えちごトキめき鉄道 えちごトキめきリゾート雪月花

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt