MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
廻転寿司 てつりゅう房(回転寿司/本牧)|絶品の赤シャリが美味

廻転寿司 てつりゅう房(回転寿司/本牧)|絶品の赤シャリが美味

「廻転寿司 てつりゅう房」では単田で収穫された純度100%のあきたこまちの「神米」にこだわり、オリジナルダシで仕込んだ赤シャリでも提供。ふくよかなまろみがあり、非常に美味。自家製のネタが数多く並ぶ。 ※ランチタイム有

廻転寿司 てつりゅう房(最寄駅:根岸駅)

 単田で収穫された純度100%のあきたこまちの「神米」にこだわり、オリジナルダシで仕込んだ赤シャリでも提供。ふくよかなまろみがあり、非常に美味。自家製のネタが数多く並ぶ。

軍艦三昧(ねぎとろ、生うに、いくら)
540円

廻転寿司 てつりゅう房

■『廻転寿司 てつりゅう房』
[住所]神奈川県横浜市中区本牧原17-3
[TEL]045-625-0141
[営業時間]11時〜22時(21時半LO)
[休日]無休

電話番号 045-625-0141
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt