MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
魚ふじ(天ぷら/神保町)|素材をクリアに映し出した晴れやかな天ぷら

魚ふじ(天ぷら/神保町)|素材をクリアに映し出した晴れやかな天ぷら

「魚ふじ」は神保町の路地に清潔な暖簾が翻る。こちらは現在の店主木口和浩さんで4代目となる老舗天ぷら店だ。「魚ふじ」の[アクセス]は地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩5分

魚ふじ(最寄駅:神保町駅)

おまかせコースもあるが、目の前でひとつずつ揚げる「盛り合わせ」は粋な天ぷらひとり呑みに最適。季節の天ぷら6品を楽しめ、食事なしというのが呑ん兵衛にはちょうどいい。上質な油で揚げる天ぷらは素材の味と香りを引き出し、衣は薄く軽やかだ。興が乗ればこれに季節のタネをひとつ、ふたつ追加するのが最上の策だろう。 江戸前にこだわるタネは築地から。刺身用の鮪などもいいものが手に入るのは、河岸との長い付き合いの証という。

盛り合わせ
4000円

アスパラ

天ぷらは旬の素材を使うため時期で内容が変わる

きす

身はふっくらしてほかな甘さと海の香りが漂う

れんこん

時間をかけてじっくり揚げる厚切りのれんこん

魚ふじ

[住所]東京都千代田区神田小川町3-1-19 ☎03-3291-5327 [営]11時半〜14時、17時〜22時半(21時LO) [休]土・日・祝(土・祝は営業可、応相談) [席]カウンター10席、個室2室、計24席/喫煙可、予約時に応相談/予約可/カード可/夜サ10%、お通し代なし [交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩5分

電話番号 03-3291-5327
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど本格焼酎の奥深い魅力に惹かれる店にはなかなか出合えない。整然と並べられたそれは圧巻の約300種。
更新: 2019-06-03 11:45:40
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt