てんぷら 矢吹(天ぷら/高井戸)|正統派天ぷらのブレない仕事で素材を味わう

てんぷら 矢吹(天ぷら/高井戸)|正統派天ぷらのブレない仕事で素材を味わう

落ち着いた趣のあるカウンターの中に立つ「てんぷら 矢吹」のご主人・矢吹恭一さんは、この道60年。『銀座天一』で20歳の時から揚げ場に立ち、高井戸でも41年。「てんぷら 矢吹(やぶき)」の[アクセス]は京王井の頭線高井戸駅から徒歩8分


てんぷら 矢吹(最寄駅:高井戸駅)

手早く丁寧な仕事は、見てても惚れ惚れ。「素材の味を引き出す蒸し料理だから、メリハリが大事」という天ぷらは、しっかり揚げるべきはしっかり、若めがいいものは軽めに仕上げる。ホタテやイカなどの魚介はしっかり甘みが出て、野菜はあくまでみずみずしい。締めには、これだけでもいただきたい、エビが贅沢に使われたかき揚げ丼。この内容にて「梅」4800円は、天ぷら界の良心というべきだ。

4800円

「梅」には車エビ3尾、季節の旬の魚介4種、野菜4種の天ぷらが。この日の「梅」は写真のほかに、イカの大葉巻きも

穴子、ブロッコリー

きす、茄子

アスパラ、ホタテ

かき揚げ丼、赤出し

締めにはかき揚げ丼と赤出し。ふっくらきつね色のかき揚げは思わず唸る旨さ

てんぷら 矢吹

[住所]東京都杉並区高井戸東3-28-24 ドムス高井戸1階 ☎03-3334-0070 [営]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜21時(20時半LO)[休]水・木(祝営業) [席]カウンター12席、テーブル8席 全20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交]京王井の頭線高井戸駅から徒歩8分

電話番号 03-3334-0070
2016年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

神の羊(池袋/ジンギスカン)ー池袋にジンギスカンのニューフェイス!

池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

愛をテーマとした蔵書は400冊。「セカンドキャリアを考えた時に、幅のある人になってほしい」と、ホストに本を読ませる様々な取り組みをしていたホストクラブ経営者・手塚マキ氏が、「ホストだけではなく、一般の人にも気軽に来てもらえるような、本屋とカフェを併設させたサロンを」とオープンさせた。


[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階


平日ランチ限定!東京駅であっという間に売り切れる幻の「バラちらし」

平日ランチ限定!東京駅であっという間に売り切れる幻の「バラちらし」

『まんてん鮨(寿司/東京駅)』はじわじわと口コミが広まり、今や2~3ヶ月先まで夜の予約がほぼ埋まっているという。そんな人気のおまかせ握りのネタを存分に楽しめるのが、平日ランチ限定のバラちらしだ。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


ランキング


>>総合人気ランキング