MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
てんぷら 藤吉(天ぷら/浜田山)のグルメ記事

てんぷら 藤吉(天ぷら/浜田山)のグルメ記事

浜田山「てんぷら 藤吉」は喧騒とは無縁の住宅街の一角に店を構える。“食べること好きが高じて”18年前に始めたという店は、清潔感のある和の佇まいが心地いい。「てんぷら 藤吉」の[交通アクセス]は京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分

てんぷら 藤吉(最寄駅:浜田山駅)

色合いも美しく食感も楽しい軽やかな味わい

「フォルムや色合い、順番も考えて」タイミングよく供される天ぷらは、素材のみずみずしさを活かして軽やか。繊細な甘みのエビ、ふわっと揚がった穴子、サクサクしたハスなど、見た目も食感も楽しませてくれる。間にお好みを挟むもよし。おダシと天ぷら、三つ葉の香りが相まった締めの天茶まで、飽くことなく楽しませてくれる。

竹コース
5600円

「竹」コースは、定番を中心に魚介と旬の野菜が入って基本8品。この日はほかに、キス、銀杏、ハス、みょうがも。締めの天茶も美しい

海老

ほたて貝

椎茸

天茶

とろっと蕩ける食感の白子はお好み単品(時価)。

てんぷら 藤吉

[住所]東京都杉並区浜田山3-25-12 [TEL]03-5930-0373 [営業時間]17時〜22時(20時半まで入店可) [休日]水、月1回木 [席]カウンター8席、テーブル8席 全16席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し300円 [交通アクセス]京王井の頭線浜田山駅から徒歩3分

電話番号 03-5930-
0373
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど本格焼酎の奥深い魅力に惹かれる店にはなかなか出合えない。整然と並べられたそれは圧巻の約300種。
更新: 2019-06-03 11:45:40
特大の海老天が4尾のるお重がジャスト1000円! 社長自らエビの輸入を手がける天ぷら専門店が3月にお目見えした。
更新: 2019-04-16 11:57:00
大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。
更新: 2018-10-20 18:00:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2018-09-10 10:16:16
隣接する「銀○」「魚○」と同じ系列店で、どこに入っても各店のメニューから越境的に頼める。『牛○』は字のごとく牛肉が売りで、中でも手ごねの「メンチカツ」が旨い。
更新: 2018-04-01 12:00:00
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt