MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] 小田原で発見!ハイブリッド回転寿司!(寿司/小田原)

[あじわい回転寿司 禅] おすすめ寿司のグルメ記事と写真のページ。板前さんがフレンチを作る![交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分

あじわい回転寿司 禅(最寄駅:小田原駅)

 北は北海道、南は沖縄、そして海外からも来客がある人気の回転寿司店。店主自身が「食べたい」と思うような“本物”を提供することを基本とし、小田原漁港などから旬やニーズを考慮して、日本各地のそのとき一番の鮮魚を仕入れている。 シャリは、吟醸酒の搾り粕を木桶発酵させた酢を独自に配合し、ふくよかな味わい。贈答用に使われる極上の海苔を取り入れるなど、素材へのこだわりと情熱、造詣の深さは類を見ないほど。 たっぷりのイクラやウニを使い、金箔をあしらった「セレブ巻き」(3024円)、「フォアグラのソテー」(1944円)など、魅惑的な逸品が並ぶ。季節ごとのメニューも大量に揃うので、複数で行くのがおすすめだ。

イベリコ豚ほほ肉ビール煮
1620円

イベリコ豚は黒ビールで煮込んだ深い旨みと、箸で切れるほどの柔らかさが魅力。食べ応えのあるテールは黒胡椒とニンニクがきいたあとひく味。ひと組ひと皿のみの限定で必食の一品だ

メタボ巻
1067円

マグロのテールステーキ
648円

本気(まじ)のカルボナーラ
2700円

 2mmの極太スパゲットーニに濃厚なソースが絡む。最高級キャビアがのり豪華

小田原野菜と八百屋さんのバーニャカウダ
1058円

 近隣農家から仕入れた野菜は瑞々しく、珍しいものもある。コク深いソースと相性抜群だ

チーズ3種類盛り合わせ
1296円

 右から「茂木牛のチーズ」、「ミモレット フランセーズ」、「ブリアサヴァラン アフィネ」

オマール海老
1026円

108円〜1026円の10種類。ぷりぷりのオマール海老やねっとりした食感の本マグロなど、変わり種から定番まで幅広く揃う。地魚は入荷次第のお楽しみ。この日は手前からクロムツ、アジ、ソゲ

本鮪赤身
378円

地魚三昧
432円

真鯛
324円

あじわい回転寿司 禅

神奈川県小田原市東町2-1-29/☎0465-32-7001 [営]11時〜22時(21時半LO) [休]無休 [席]カウンター16席、6席×4卓 計40席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]JR東海道本線、小田急小田原線ほか小田原駅東口から徒歩約20分、東海道本線国府津駅からバス「山王橋」下車、徒歩1分

電話番号 0465-32-7001
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt