MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

天正の天丼(てんぷら/仲御徒町)は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。※ランチタイム有

天正(最寄駅:仲御徒町駅)

中でも限定5食、特大の江戸前だ。もちろん見た目だけじゃない。毎朝仕入れる朝〆の活き穴子は、肉厚でふっくら。サクサクの衣、サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子に、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。一度食べたらクセになること間違いなし。

江戸前あなご天丼
1200円

天正

東京都台東区台東3-8-8 ☎03-3831-9553 [営]11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO) [休]日・祝(土は昼のみ営業) [席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/夜のみお通し300円 [交]地下鉄日比谷線仲御徒町駅A2出口から徒歩4分

電話番号 03-3831-9553

天正の記事

2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
更新: 2018-11-03 09:13:30
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
更新: 2018-10-17 12:00:00
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
更新: 2018-12-03 14:20:16
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
更新: 2018-04-17 07:00:00
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。
更新: 2018-02-27 12:00:00
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt