MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[閉店]テンプラ ワバル|現代の屋台=ワバルにて“テンプラ”を(バル/恵比寿)

[閉店]テンプラ ワバル|現代の屋台=ワバルにて“テンプラ”を(バル/恵比寿)

 “テンプラ”はあらかじめオススメの味付けがされているのが特徴。「茄子と生ふ」に田楽みそ。

テンプラ ワバル(最寄駅:恵比寿駅,)

「カマンベール」にトマトソースなどの串テンプラ。さらに創作的な皿テンプラ。その日の気分でバル使いを楽しめる。

はんぺんテンプラチーズのプール
890円

大人気の皿テンプラ。海苔の佃煮が入ったはんぺんの天ぷらが6種のチーズと生クリームの海に浮かぶ

串テンプラ盛り合わせ
1280円

左から海老、カマンベールチーズ、茄子と生ふ、とびっこ湯葉巻き、うに大葉巻き

牡蠣のバルサミコマリネ
480円

バルサミコ酢が牡蠣の旨みと相まってワインも進む

テンプラ ワバル

東京都渋谷区広尾1-16-2 K&S恵比寿ビルⅡ1階 ☎03-6450-3015 [営]18時(土17時)〜24時(食事23時LO、ドリンク23時半LO) [席]カウンター12席、テーブル24席 計36席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交]JR・地下鉄日比谷線恵比寿駅から徒歩3分

電話番号 03-6450-3015
2016年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
更新: 2019-01-16 12:00:00
千駄木『スパイスバル コザブロ』|スパイスを利かせたつまみや焼き物などが豊富に揃うバル。4種類あるカレーの中で注目すべきは「サメのカレー」。
更新: 2019-01-10 12:00:00
 この店は、通りすがりではなかなか見つけられない神田バル横丁の2階にある。スタイリッシュなカウンターで迎えてくれるのは、はんなりした美人女将の村岡さん。
更新: 2018-06-07 21:00:00
6月1日にオープンした鉄道バル。国鉄時代から日本食堂として、列車食堂を営業していた「日本レストランエンタプライズ」が手がけるとあって、“ホンモノ”にこだわる。
更新: 2019-02-20 16:14:27
富山でも数少ないクラフトビールを揃えたバル。その2階にあるのが同じ名前の炭火焼きレストラン。
更新: 2019-06-06 15:09:04
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt