MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ9選!

東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ9選!

迫力&魅惑の「天丼」が食べられるお店を9件ご紹介!天ぷらの中でも天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば気分上々!絶品ばかりを集めた、まさに「コレクション」をお届けします!

はじめに

サクサクの衣がついた天ぷらをご飯と甘辛のタレで食べる「天丼」は、単独で食べる「天ぷら」とはまた一味違った美味しさで、食べる人の心を鷲掴みにします。
上品な「天ぷら会席」ももちろんいいけれど、時には豪快にご飯と天ぷらを口にかきこみたくなるものです!
ここでは、今すぐにでも絶対行きたくなる、東京都内の「絶品天丼」の店をご紹介!覚悟してご覧ください!!

浅草『大黒家 天麩羅』の“海老天丼”

創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。
1尾を枕に3尾のエビが丼からはみ出して乗る大迫力。もともと「お孫さんとおじいちゃん、おばあちゃんで一緒に食べられるように」という心遣いだったという。

浅草で明治20年から創業している名店。ごま油だけで揚げる天ぷらに、濃いめの甘辛タレが絶品です。
見た目も圧巻の名物「海老天丼」は、丼からはみ出す大きな海老が4尾も乗った贅沢メニュー!かき揚げやキスを乗せた天丼もおすすめです。
小鉢などが付いた天ぷら定食や、あじのたたきなどの一品料理もあって、宴会にも使えます。ランチタイムは11時から。

■『大黒家 天麩羅』
[住所]東京都台東区浅草1-38-10(本館)
[TEL]03-3844-1111
[営業時間]11時〜20時半(土曜日・祝日は21時まで)
[休日]無休
[座席]本店115席、別館140席/全席禁煙(入り口外で可)/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線ほか「浅草駅」1番出口から徒歩4分

溜池山王『日本橋 天丼 金子屋 赤坂店』の“天ばら丼”

海老、いか、小柱、サクふわにしてこんがりと旨し!

ひと口大に〝バラ〟で揚げられた天ぷらが乗る天ばら丼。丼の蓋を開ければ、ぷりぷりのエビ、イカ、小柱がたんまりに、舞茸、獅子唐、温玉と溢れんばかり。サクふわにこんがり揚がった食感に、ごま油の香り

和の趣きで品よく構える赤坂のお店では、欲張りな天バラ丼が人気です。一口大のサイズの天ぷらは、エビや小柱、舞茸、玉子などバラエティ豊か。

最初はそのまま、途中で玉の天ぷら子を割ってとろっとまろやかに、後半は刻んだ生姜でさっぱりと、3つの楽しみ方で最後まで美味しく食べられます。お弁当は当日予約でも用意してくれます。

■『日本橋 天丼 金子屋 赤坂店』
[住所]東京都港区赤坂2-9-2 松田ビル1階
[TEL]03-6277-8660
[営業時間]11時〜22時(21時半LO)、土曜日・日曜日:11時〜21時(20時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター9席、テーブル15席 全24席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄南北線ほか溜池山王駅10番出口から徒歩1分

仲御徒町『天正』の“江戸前あなご天丼”

ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。

毎朝仕入れる朝〆の活き穴子は、肉厚でふっくら。サクサクの衣、サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子に、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。

こちらの名物穴子天は、毎朝築地から仕入れる新鮮な穴子を天ぷらにしてくれます。
ランチのあなご天丼は数に限りがあり激戦ではあるが、早くから並んででも食べる価値大の一級品!大きな穴子がどどーんと3尾も乗った、豪華すぎる天丼です!!

海老やかき揚げなどを乗せた「大江戸上天丼」もおすすめ。季節の野菜や海鮮の天ぷらたちは、どれもカラッと揚がっていて、くどくなく軽い口当たり。
お茶碗サイズの「お子様天丼」もあるところが、子連れにも優しいですよね。コース料理もあるので団体でのご利用にも!

■『天正』
[住所]東京都台東区台東3-8-8
[TEL]03-3831-9553
[営業時間]11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO)
[休日]日曜日・祝日(土曜日は昼のみ営業)
[座席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/夜のみお通し300円
[アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅A2出口から徒歩4分

浅草『下町天丼 秋光』の“五代目天丼”

創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。

からっと揚がった素材の味とごま油の香り、濃い口のタレが染みた飯粒まで心意気を感じる。

2016年にオープンしてから、すでに海外に15店舗の店を展開している大人気のお店。全国丼グランプリの天丼部門で金賞も受賞しています!

一番の看板メニューは「五代目天丼」!海老、穴子に旬の食材たちが丼の上に大集結!!ごま油の香りとサクサク食感、濃いめのタレに、誰もが魅了されます♪
一日5食限定の「極」は、さらに豪華で、大迫力!一人では食べきれない程のボリュームです。

■『下町天丼 秋光』
[住所]東京都台東区浅草1-26-5 ROX・3G
[TEL]03-6231-7444
[営業時間]10時半〜22時
[休日]無休
[座席]テーブル・座敷全34席/全席禁煙/予約可(土・日・祝は14時以降)/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線田原町駅1番出口から徒歩5分、同浅草駅1番出口から徒歩8分

東京駅『菊亭』の“大海老天重”

丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。

揚げたての天ぷらがのった「天重」を求めて、12時を過ぎると次々と吸い込まれるようにサラリーマンたちが入っていくのがこちらのお店!
1日10食限定の「大海老天重」は、ぶりっとした海老がからっと揚げられ、伝統のさらっとしたつゆと絡み、ごはんが進む進む!

TOKIAビルのB1Fのレストラン街にあるので、アクセスが便利なのもいいですね。

■『菊亭』
[住所]東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル(TOKIA)地下1階
[TEL]03-3212-7891
[営業時間]11時~23時(21時半LO)、土曜日・休日:11時~22時(21時LO) ※ランチタイム有
[休日]9月1日
[座席]計46席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結

新宿『串天ぷら 段々屋』の“天丼”

目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き。

レトロな古民家材の居心地が良いお店。キャノーラ油で揚げる天ぷらは、サクサクで食感がよく、盛り付けも綺麗と評判です。
コの字型のカウンターなので、厨房の中も見え、ジュワジュワッと揚げている音も、食欲を掻き立てます!
ランチの時間帯は混むので、開店時間を狙うのがおすすめです!

■『串天ぷら 段々屋』
[住所]東京都新宿区西新宿1-14-2
[TEL]03-6423-8889
[営業時間]11時半~14時半LO、17時半~23時(22時半LO)※水曜日~金曜日:17時半~23時半(22時半LO)※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]カウンター32席、テーブル4席×4卓、3名用個室1室、4名用個室1室、6名用個室2室、12名用個室2室 計91席/昼は全席禁煙、夜は分煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩4分

両国『天ぷら食堂 ひさご』の“ひさご天丼”

大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。

「ひさご天丼」は、さっくり揚がった天ぷらにタレが染みて箸がとまらない。テーブルに壺漬けやイカの粕漬けが置かれているので、合間にどうぞ。

店内に広がる胡麻の香りが心地良い!老舗が誇る、最高の天ぷらが味わえる有名店です!

タレは甘さ控えめで、あっさり系!のっている天ぷらは、王道のエビやナスのほかに、珍しい「たまごの天ぷら」も!半熟のゆでたまごを揚げていて、箸を入れると君がとろ~っと流れ出します!この黄身がタレとごはんと合わせり、もう幸せすぎて言葉にならない!!おすすめです!

■『天ぷら食堂 ひさご』
[住所]東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 
[TEL]03-6456-1125 
[営業時間]11時~20時半(20時LO) ※ランチタイム有
[休日]月曜日(三連休の場合は連休明けの火曜日) 
[アクセス]JR両国駅西口から徒歩1分

柴又『大和家』の“天丼”

帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル!
店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。

昭和感が漂い、懐かしさを覚える店内。映画“男はつらいよ”のロケにも使われたこちらのお店、寅さんの好物としても知られている「天丼」が有名です。
見た目は濃そうなのですが、食べるとふんわり優しい味わい。衣はサクサク。うっとりしてしまいます。

食後には、あんこがたっぷりかかった「草団子」を食べるのも忘れずに!粒あんと濃いヨモギの味がたまりませんよ!!

■『大和家』
[住所]東京都葛飾区柴又7-7-4
[TEL]03-3657-6492
[営業時間]9時~17時(飲食は11時~16時) ※ランチタイム有
[休日]不定休
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩2分

入谷『千束いせや』の“天丼”

天ぷらは、ごま油をブレンドした高い温度の油で揚げられた江戸前。天丼は100年継ぎ足して熟成されたコクのある丼つゆも特徴だ。

ふわふわとした絶妙な衣の揚げ具合と、しっかりめの濃い甘めのタレが特徴の天丼が人気!100年も継ぎ足しているなんて、歴史の重みを感じ、さらに美味しくいただけます。

馴染みのお客さんも観光客も訪れる、ほっとするお店の雰囲気もまた魅力。

■『千束いせや』
[住所]東京都台東区千束2-23-5 第3コンパスビル1F
[TEL]03-3872-5588
[営業時間]11時半~15時、17時~20時半
[休日]水曜日
[座席]22席(座敷あり) カード不可/予約可
[アクセス]台東区循環バス「北めぐりん」千束2丁目バス停前

おわりに

ここまでおすすめの天丼をご紹介してきましたが、いかがでしたか?!「海老」「茄子」「白身魚」はもちろん、「穴子」や「たまご」など、こだわりの天ぷらもありましたね!
読んでいると、ごま油の香ばしい香りがしてきそうで、食欲がわいてきますよね!早速お店に行ってみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
親しみやすくシンプルながら、店舗それぞれのこだわりが詰まった「親子丼」。東京都内の本当に美味しい親子丼を、グルメライターが厳選しました!一度は食べたい!そんなプロの技をとことん感じる6店舗をご紹介します!
更新: 2019-08-07 16:56:08
東京駅近をはじめ、都内にはたくさんのステーキ有名店がありますが、ここではグルメライターの実食レポをもとに、ホテル内レストランの高級丼から、ランチでしか食べられない安い&稀少なものまで、厳選した情報を、メニューの写真付きでお届けします!
更新: 2019-06-26 09:06:38
この店でしか食べられないオリジナルの味。かつ丼フリークならずとも、一度足を運んでみてほしい。
更新: 2017-12-20 15:47:53
ご飯の上に覆いかぶさるローストビーフ丼。果たしてどうやって食べればよいのか? 『the 肉丼の店』の店長さんに聞いてみました。
更新: 2017-10-28 13:38:11
焼肉丼、牛丼、ホルモン丼、 牛トロ丼。様々な調理法で牛の旨さを引き出し、豪快にご飯にのせる。それが安いと来れば、これらはもう感涙必至なのだ。覆面取材を繰り返し、選りすぐりの美味を堪能できる店を紹介する。
更新: 2017-10-28 13:40:35
最新の投稿
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
更新: 2019-10-15 12:00:00
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt