MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ4選!

東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ4選!

東京都内、迫力&魅惑の「天丼」提供店を4店舗紹介!天ぷらの中でも、天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば、気分上々!そんな“丼コレ“4品をご案内します。

大黒家の「海老天丼」 -浅草-

ちょっと辛めのタレと香りに海老が引き立つ

海老天丼 1950円

 創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。1尾を枕に3尾のエビが丼からはみ出して乗る大迫力。もともと「お孫さんとおじいちゃん、おばあちゃんで一緒に食べられるように」という心遣いだったという。ごま油できつね色に揚げたそれは、ちょっと辛めで濃厚なタレが特徴。エビの甘さを引き立てて箸が進む。

東京都台東区浅草1-38-10(本館) 03-3844-1111 11時〜20時半(土・祝21時)無休 本店115席、別館140席/全席禁煙(入り口外で可)/予約可/カード不可/サなし 地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩4分

金子屋の「天ばら丼」 -溜池山王-

海老、いか、小柱、サクふわにしてこんがりと旨し!

天ばら丼 980円

 ひと口大に〝バラ〟で揚げられた天ぷらが乗る天ばら丼。丼の蓋を開ければ、ぷりぷりのエビ、イカ、小柱がたんまりに、舞茸、獅子唐、温玉と溢れんばかり。サクふわにこんがり揚がった食感に、ごま油の香り。飯粒にちょっと染みたつゆの甘辛さもいい。途中で温玉を崩したり、飯に配されたガリでさっぱりと味変えも可能。これで千円以内とはシビれるねえ!

東京都港区赤坂2-9-2 松田ビル1階 03-6277-8660 11時〜22時(21時半LO)、土・日11時〜21時(20時半LO) 無休 カウンター9席、テーブル15席 全24席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし 地下鉄南北線ほか溜池山王駅10番出口から徒歩1分

天正の「江戸前あなご天丼」 -仲御徒町-

ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ

江戸前あなご天丼 1200円

 見よ! このど迫力の穴子天。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。中でも限定5食、特大の江戸前だ。もちろん見た目だけじゃない。毎朝仕入れる朝〆の活き穴子は、肉厚でふっくら。サクサクの衣、サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子に、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。一度食べたらクセになること間違いなし。

東京都台東区台東3-8-8 03-3831-9553 11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO) 日・祝(土は昼のみ営業) テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/夜のみお通し300円 地下鉄日比谷線仲御徒町駅A2出口から徒歩4分

下町天丼 秋光の「五代目天丼」 -浅草-

素材に妥協なし旬が集結した心意気の天丼!

 創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。なかでも五代目天丼はもとは限定裏メニューで、築地で仕入れた旬食材を贅沢に集結させ圧巻。からっと揚がった素材の味とごま油の香り、濃い口のタレが染みた飯粒まで心意気を感じる。譲れないというエビと穴子に、本日は牡蠣、子持ち昆布、ハタハタに季節の野菜。その楽しさも抜群である。

五代目天丼 2500円

東京都台東区浅草1-26-5 ROX・3G 03-6231-7444 10時半〜21時 無休 テーブル・座敷全34席/全席禁煙/予約可(土・日・祝は14時以降)/カード可/サなし 地下鉄銀座線田原町駅1番出口から徒歩5分、同浅草駅1番出口から徒歩8分

天丼ってぇやつにはほかにはない魅力がある。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京都内の「親子丼」をグルメライターが食べて見つけた絶品店!鶏肉と卵。この素晴らしき共演をご飯が受け止める親子丼が、この世にあることのうれしさよ。親しみやすくシンプルながら、丼ひとつに詰めこまれた店のこだわりは千差万別。プロの技をとことん感じる親子丼の世界へいざ!撮影/小澤晶子、大西尚明(泰然、文鳥) 取材/肥田木奈々
更新: 2019-04-05 11:36:06
表面は香ばしく、中はレアに近い状態。肉の旨み溢れるステーキをご飯と一緒に頬張れば……顔は緩み、頬は落ちる寸前と、悶絶させられること間違いなし。そんなステーキ丼の店を東京都内で厳選して紹介する!エリア:六本木/八重洲/神田/押上/吉祥寺 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-22 08:59:36
丼の名店は街の食堂や専門店だけじゃない!東京都内の有名ホテルのラウンジやダイニングでも密かな人気メニューなのです。ホテルならではのこだわりの味を、心満たされる優雅な時間とともに味わって!
更新: 2017-12-20 15:47:50
この店でしか食べられないオリジナルの味。かつ丼フリークならずとも、一度足を運んでみてほしい。
更新: 2017-12-20 15:47:53
ご飯の上に覆いかぶさるローストビーフ丼。果たしてどうやって食べればよいのか? 『the 肉丼の店』の店長さんに聞いてみました。
更新: 2017-10-28 13:38:11
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt