MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ4選!

東京都内「天丼」コレクション!迫力&魅惑のおすすめ4選!

東京都内、迫力&魅惑の「天丼」提供店を4店舗紹介!天ぷらの中でも、天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば、気分上々!そんな“丼コレ“4品をご案内します。

大黒家の「海老天丼」 -浅草-

ちょっと辛めのタレと香りに海老が引き立つ

海老天丼 1950円

 創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。1尾を枕に3尾のエビが丼からはみ出して乗る大迫力。もともと「お孫さんとおじいちゃん、おばあちゃんで一緒に食べられるように」という心遣いだったという。ごま油できつね色に揚げたそれは、ちょっと辛めで濃厚なタレが特徴。エビの甘さを引き立てて箸が進む。

東京都台東区浅草1-38-10(本館) 03-3844-1111 11時〜20時半(土・祝21時)無休 本店115席、別館140席/全席禁煙(入り口外で可)/予約可/カード不可/サなし 地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩4分

金子屋の「天ばら丼」 -溜池山王-

海老、いか、小柱、サクふわにしてこんがりと旨し!

天ばら丼 980円

 ひと口大に〝バラ〟で揚げられた天ぷらが乗る天ばら丼。丼の蓋を開ければ、ぷりぷりのエビ、イカ、小柱がたんまりに、舞茸、獅子唐、温玉と溢れんばかり。サクふわにこんがり揚がった食感に、ごま油の香り。飯粒にちょっと染みたつゆの甘辛さもいい。途中で温玉を崩したり、飯に配されたガリでさっぱりと味変えも可能。これで千円以内とはシビれるねえ!

東京都港区赤坂2-9-2 松田ビル1階 03-6277-8660 11時〜22時(21時半LO)、土・日11時〜21時(20時半LO) 無休 カウンター9席、テーブル15席 全24席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし 地下鉄南北線ほか溜池山王駅10番出口から徒歩1分

天正の「江戸前あなご天丼」 -仲御徒町-

ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ

江戸前あなご天丼 1200円

 見よ! このど迫力の穴子天。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。中でも限定5食、特大の江戸前だ。もちろん見た目だけじゃない。毎朝仕入れる朝〆の活き穴子は、肉厚でふっくら。サクサクの衣、サラっとした油で揚げられたやさしい味の穴子に、ちょっと甘めのタレが絶妙な相性でたまらない。一度食べたらクセになること間違いなし。

東京都台東区台東3-8-8 03-3831-9553 11時〜13時半、17時半〜22時(21時LO) 日・祝(土は昼のみ営業) テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/夜のみお通し300円 地下鉄日比谷線仲御徒町駅A2出口から徒歩4分

下町天丼 秋光の「五代目天丼」 -浅草-

素材に妥協なし旬が集結した心意気の天丼!

 創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。なかでも五代目天丼はもとは限定裏メニューで、築地で仕入れた旬食材を贅沢に集結させ圧巻。からっと揚がった素材の味とごま油の香り、濃い口のタレが染みた飯粒まで心意気を感じる。譲れないというエビと穴子に、本日は牡蠣、子持ち昆布、ハタハタに季節の野菜。その楽しさも抜群である。

五代目天丼 2500円

東京都台東区浅草1-26-5 ROX・3G 03-6231-7444 10時半〜21時 無休 テーブル・座敷全34席/全席禁煙/予約可(土・日・祝は14時以降)/カード可/サなし 地下鉄銀座線田原町駅1番出口から徒歩5分、同浅草駅1番出口から徒歩8分

天丼ってぇやつにはほかにはない魅力がある。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京都内の「親子丼」をグルメライターが食べて見つけた絶品店!鶏肉と卵。この素晴らしき共演をご飯が受け止める親子丼が、この世にあることのうれしさよ。親しみやすくシンプルながら、丼ひとつに詰めこまれた店のこだわりは千差万別。プロの技をとことん感じる親子丼の世界へいざ!撮影/小澤晶子、大西尚明(泰然、文鳥) 取材/肥田木奈々
更新: 2019-04-05 11:36:06
東京駅近をはじめ、都内にはたくさんのステーキ有名店がありますが、ここではグルメライターの実食レポをもとに、ホテル内レストランの高級丼から、ランチでしか食べられない安い&稀少なものまで、厳選した情報を、メニューの写真付きでお届けします!
更新: 2019-06-26 09:06:38
この店でしか食べられないオリジナルの味。かつ丼フリークならずとも、一度足を運んでみてほしい。
更新: 2017-12-20 15:47:53
ご飯の上に覆いかぶさるローストビーフ丼。果たしてどうやって食べればよいのか? 『the 肉丼の店』の店長さんに聞いてみました。
更新: 2017-10-28 13:38:11
焼肉丼、牛丼、ホルモン丼、 牛トロ丼。様々な調理法で牛の旨さを引き出し、豪快にご飯にのせる。それが安いと来れば、これらはもう感涙必至なのだ。覆面取材を繰り返し、選りすぐりの美味を堪能できる店を紹介する。
更新: 2017-10-28 13:40:35
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt